注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

ずたぼろ令嬢は姉の元婚約者に溺愛される13話-1ネタバレ!久しぶりの再会!

モンスターコミックスfに掲載されている「ずたぼろ令嬢は姉の元婚約者に溺愛される」のネタバレ&感想をまとめました。

【ずたぼろ令嬢は姉の元婚約者に溺愛される】13-1話ネタバレ!久しぶりの再会!

騎士団のお祭りからしばらく経った、晴れた日…。

起床したマリーは窓を開け、気持ち良さそうにそよ風と朝日を浴びました。

コンコン…とドアをノックして入ってきたのは、グラナド城で最年長の執事・ウォルフガングです。

彼は仕事で忙しいミオの代わりに、マリーの世話をしてくれるようになりました。

上品に笑う彼と話をしている途中、小さな少女が現れ…マリーに飛びつきます。

おはよう!と元気よく挨拶したのは、ウォルフガングの孫娘で侍女見習い・ツィツェーリエ。

お団子に結った髪をマリーに見せ、可愛い?と聞きました。

マリーは彼女の頭を撫でながら、こんなに似合う子は初めてよ!と笑います。

それを聞いたツェリは上機嫌で、マリーの髪を梳かし始めました。

ミオ様がいなければ、私が毎日マリーの侍女なのになぁ…と、口を尖らせるツェリ。

ツェリはミオが苦手なようで、エプロンから鳩を出すんだよ…!と耳打ちします。

傍にいたウォルフガングは、そのくらいじゃミオの部下は務まらないぞ!と諭すのでした。

髪を整えた後、自分で選んだドレスを身に付けたマリー。

一生懸命練習したメイクも施し、とても美しく仕上がりました。

旦那様が見たら、思わず抱きしめてしまうかもしれませんね!とウォルフガングに言われ…。

マリーの胸はドキドキと高鳴ります。

ツェリに手を引かれながら、屋敷の中を走るマリー。

どうしたの?と厨房にいたトッポに聞かれ、今日は旦那様が帰ってくる日よ!とツェリは答えました。

途中で会ったヨハンに花束を持って行くように言われ、訳が解らないまま門に到着すると…。

ちょうどキュロスが、馬車から降りてきます。

パッと顔を輝かせ、ただいま…!と笑うキュロス。

マリーは頬を赤く染め、お帰りなさい…と言って花を手渡しました。

ヨハンに持って行くようにと言われたと聞き、キュロスはククっ…と笑います。

花を持つマリーは花の化身の様で、思わず抱きしめてしまいそうだった…。

もらってもいいか?と聞かれ、花の事よね…と差し出すマリー。

キュロスは花ではなく、マリーを自分の腕の中に抱きよせたのです。

からかわないで!と言って、マリーは柱の陰に隠れました。

キュロスは花に小さくキスしながら、からかっていないぞ…と微笑むのでした。

【次のお話】ずたぼろ令嬢は姉の元婚約者に溺愛される13-2話ネタバレはコチラ

【ずたぼろ令嬢は姉の元婚約者に溺愛される】13-1話ネタバレ!久しぶりの再会!感想

キュロスを出迎えるマリーが楽しそうだし、喜んでもらいたいっていう気持ちが伝わってきますね!

侍女見習いのツェリも可愛らしくて、ほんわかするお話でした。

ずたぼろ令嬢は姉の元婚約者に溺愛される ネタバレ 感想 最新話
最新情報をチェックしよう!