注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない7話ネタバレ!

2021年11月26日配信の「ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない」のネタバレ&感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

3日で残ると言い残した武村が出て行ってから4日が過ぎたと心配する深月。

それでもきっと大丈夫と気持ちを持ち直した深月は、武村から任された燻製と水耕栽培の実用化に取り組みます。

水耕栽培の成長記録を手伝った優と隆司でしたが、今までの暗い表情とは違い、楽しそうに作業するのを見て、

深月は自分の絶望が伝染していたんだと気付きます。

そうして暗い顔ばかりするのはやめようと思った深月は気分転換に、偶然見つけた制服を身に着けます。

そんな時、帰ってきた武村は着たままやるかと鏡に手をつかせ、激しく突き動かします。

深月は鏡に映った自分をいやらしく感じるも、深くまで挿入る感覚に慣れず、怖いというと

武村は深月を床におろし、より深く繋がります。

その後就寝中に目を覚まし、外の様子を見てみると、

外では火事が起こっていたのでした。

【ゾンビがあふれる世界で俺だけが襲われない最新話ネタバレ】7話「進化する脅威」

火事が起きている場所へと向かった武村。

そこで髑髏顔のゾンビが車で走っている人間を襲撃している光景を目にします。

窓を破壊し、中から人間を引きずり出して何度も壁に打ち付ける姿を見た武村はその髑髏顔のゾンビの、人間らしい知能の高さに驚きます。

常軌を逸した髑髏顔のゾンビをそのまま放置していくわけにもいかないと考えた武村は、

髑髏顔のゾンビの後を追いかけて大学内部へと入りますが、そのまま見失ってしまいます。

するとガタガタと音が聞こえたので、音の出ている部屋へ入ってみると

そこには武村を認識する二人の若い女のゾンビの姿がありました。

その時、大きな悲鳴が聞こえてきます。

武村が声の方を向くと、若い男が燃え盛る炎の上におり、かろうじて板に捕まっている状態でした。

するとそこに髑髏顔のゾンビが現れ、死にたくないと泣き叫ぶ若い男をみて

ニタ…と笑いながら男を突き落とします。

それを見た武村が髑髏顔のゾンビの下へ向かうと、そのゾンビは既におらず

一台のビデオカメラが落ちているだけでした。

映像を見てみると、大学内にあるホールの上の板に乗せられて、手を後ろに縛られた男が映っていました。

男はナイフで脅されて飛び降り、そのまま下にいるゾンビに食べられてしまいます。

その後、再び縛られた男が出てきますが、その男は先程の髑髏顔のゾンビと思われる警官でした。

警官がゾンビに食べられる姿を見て武村は、

ゾンビが人間を食べれば食べる程、賢くなることに気付きます。

それに気づいた武村は、ホールにいた10体以上のゾンビが全員知性を取り戻していたらどうすればいいんだ!と取り乱しますが、

その後、冷静に一旦戻ろうと考えます。

すると武村が部屋を出た瞬間、鉄パイプを持った血だらけの少女と目が合いますが、

少女は武村から視線を外すとそのまま通り過ぎていくのでした。

武村は思わずため息をつくと、そのまま深月たちの下へ向かいます。

しかし、途中で生ごみの集積所が空いていることに気付いた武村は不審に思い近づきます。

そこにあった生活の痕跡を見た武村はスーパーにいた生存者の生き残りが深月たちに向かっていると察し、急いで連絡するのでした。

【ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない最新話ネタバレ】7話 「進化する脅威」感想

この回でまだまだ謎だらけなゾンビに関する情報が少しだけ分かりました!

生存者よりもはるかに多いゾンビを相手にするのも相当過酷な戦いですが、

今回の話によって、知性のあるゾンビの存在と、彼らが出現する条件も分かりました。

知性のあるゾンビが多数生まれることで、今後武村たちの安否も脅かされそうです。

そうなったときに、武村と深月、そして子どもたちだけの低戦力でどう切り抜けていくのか、まだまだ目が離せませんね。

また、危険な存在はゾンビだけではありません!

ごみ集積所で生活していたという生き残りの存在が最後で登場されていましたが、

この生き残りの目的は一体何なのか、そして深月たちは無事なのかも気になります。

コミックシーモアで配信中のゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われないの次のお話は、2021年12月24日に発売されています。

【次のお話】ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われないネタバレ8話はこちら!

ゾンビにあふれた世界で俺だけが襲われない ネタバレ 最新話 感想
最新情報をチェックしよう!