注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

よふかしのうた104話ネタバレ!マヒルとコウが絶交!

「よふかしのうた」104話のネタバレ&感想をまとめました。

よふかしのうたの単行本最新刊を無料で読む方法とは!

【前回のあらすじ】

コウは、マヒルのアゴを片手で持ってマヒルをそのまま持ち上げます。

そして言いました。

話を聞いて欲しいんだけど。

君の恋愛論なんて聞きに来たんじゃないし、星見キクは絶対に何かを企んでいるし、僕はきみを心配してる。

けど、一発くらいは仕返しで殴ったっていいよね??

その手を、ナズナが止めます。

そして彼女は言いました。

やめて。多分、そのまま殴ったら死んでしまうから…。

そうしてようやく体の自由を取り戻したマヒルは言いました。

もう吸血鬼に変わってんじゃん、コウ…。

【前のお話】よふかしのうたネタバレ103話はこちら

【よふかしのうた最新話ネタバレ】よふかしのうた104話ネタバレ!マヒルとコウが絶交!

ナズナに言われて、落ち着いたコウは、自分の今の状態に戸惑います。

マヒルは投げやりに言いました。

吸血鬼、なってんじゃねえか、嘘ばっかつきやがって。

コウは違う違うと叫びますが、マヒルはまったく信じません。

自分が見た限り、コウの力はまさに吸血鬼のパワーと同じだった、と言い捨てました。

そこへ探偵さんがやってきて、事情を説明します。

コウはいま半分吸血鬼であり、半分人間である状態かもしれない、と。

そしてそういう状況には、感情が昂った時になっている傾向があるかもしれない。

マヒルはそれを最後まで静かにきいて、また話し始めました。

“かもしれない”ばっかり。まだ全部分かり切ったことじゃないのかよ。

でもコウは半分吸血鬼になったことを俺に隠してた。

それはこういうことだろ?

俺がいつまで経ってもキクさんに血を吸ってもらえないことを、嘲笑ってバカにしてんだろ?!

いいよな、コウはトクベツで、選ばれた奴で。

俺は空っぽだけど、キクさんがいるからそれでいいんだ、もう。

この際キクさんに騙されたっていい、そんなことよりもそばにいたい、俺はお前たちとは相容れない。

お前たちのことも、キクさんに会わせるわけにはいかない。

コウと俺は、もう、友達じゃないから。

コウは、言い返す言葉が出て来ませんでした。

しかし、マヒルが”死ぬ”時まで、コウはもうマヒルと会うことはできないのです。

そんなナレーションが入り、このお話は終わりました。

【次のお話】よふかしのうたネタバレ105話はこちら!

よふかしのうたの単行本最新刊を無料で読む方法とは!

【よふかしのうた最新話ネタバレ】よふかしのうた104話ネタバレ!マヒルとコウが絶交!感想

青春時代、というには軽すぎる物凄い喧嘩でしたね……。

マヒルの死が確定してしまい、とても悔しい気持ちになりました…臨場感がすごい漫画です…。

発売日以降、最新話のネタバレを更新するのでお楽しみに!

よふかしのうた ネタバレ 最新話 感想
最新情報をチェックしよう!