注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

よふかしのうた103話ネタバレ!コウが吸血鬼モードになって喧嘩!

「よふかしのうた」103話のネタバレ&感想をまとめました。

よふかしのうたの単行本最新刊を無料で読む方法とは!

【前回のあらすじ】

マヒルはコウが探偵さんと繋がりがあることに気付きます。

そして、笑って言いました。

流石だよコウ!

あの探偵が人間に手を出さないうちに仲間になって、吸血鬼になれたらあの探偵を殺すんだろ!

頭いいよお前

そんな不気味に笑うマヒルの手を振り払って、コウは

何を言ってるんだ?

と、マヒルを睨みつけました。

【前のお話】よふかしのうたネタバレ102話はこちら!

【よふかしのうた最新話ネタバレ】よふかしのうた103話ネタバレ!コウが吸血鬼モードになって喧嘩!

マヒルは言います。

吸血鬼になってしまえば、ひとを簡単に殺せる。

吸血鬼にとって邪魔な存在であるあの探偵の女は殺すべきだ、違うか?

そんなことを、平気そうな顔でスラスラと言うのです。

コウはきっぱり言いました。

あの人はもう、吸血鬼を殺そうなんて考えてない、吸血鬼の脅威にはならない。

しかしマヒルも食い下がります。

今まで吸血鬼を殺していた人が、急にいいやつになりましたって、そんなの信じれると思うか?

それに対して、コウは言いました。

マヒルくんこそ、キクさんが一体どういう吸血鬼なのか知ってるのか?!

探偵の女の人の父親は、キクさんに……

その一言を聞くなり、マヒルはコウを蹴り飛ばしました。

そして、コウは探偵側に変わったのだとマヒルは理解します。

マヒルは何度もコウを殴ったり、蹴ったりしました。

コウは一方的に殴られながら思っていました。

話をしたい。

話し合いをしたいのに。

ただ、それだけなのに。

マヒルは、キクは本当はかわいそうな女だと語ります。

穏やかにただ生きていたいだけで、血だって生きていくために仕方なく吸っていて。

コウはそれを聞き流しながら、鼻血を手の甲でぐっと抑えました。

その時、コウの心臓がドクンと動きます。

コウは中指を立てて、見下すように笑いました。

なにが生きていくために仕方なく血を吸ってるだって?100人以上吸いまくってきたアバズレのくせに。

そしてコウは、マヒルにものすごい勢いで飛びかかりました。

まるで、人間ではないかのようなスピードで。

そう、すでにコウはもう人間ではなかったのです。

コウは、マヒルのアゴを片手で持ってマヒルをそのまま持ち上げます。

そして言いました。

話を聞いて欲しいんだけど。

君の恋愛論なんて聞きに来たんじゃないし、星見キクは絶対に何かを企んでいるし、僕はきみを心配してる。

けど、一発くらいは仕返しで殴ったっていいよね??

その手を、ナズナが止めます。

そして彼女は言いました。

やめて。多分、そのまま殴ったら死んでしまうから…。

そうしてようやく体の自由を取り戻したマヒルは言いました。

もう吸血鬼に変わってんじゃん、コウ…。

【次のお話】よふかしのうたネタバレ104話はこちら!

よふかしのうたの単行本最新刊を無料で読む方法とは!

【よふかしのうた最新話ネタバレ】よふかしのうた103話ネタバレ!コウが吸血鬼モードになって喧嘩!感想

コウが人間離れした動きをしたところがかっこよかったですね……。

発売日以降、最新話のネタバレを更新するのでお楽しみに!

よふかしのうた ネタバレ 最新話 感想
最新情報をチェックしよう!