注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

よふかしのうた100話ネタバレ!衝撃!星見キクの経歴

2021年10月20日発売の「よふかしのうた」のネタバレ&感想をまとめました。

よふかしのうたの単行本最新刊を無料で読む方法とは!

【前回のあらすじ】

探偵さんから聞かされたのは

なんと探偵さんの父親を吸血鬼にしたのは星見キクだと言う話でした。

【前のお話】よふかしのうたネタバレ99話はこちら!

【よふかしのうた最新話ネタバレ】衝撃!星見キクの経歴

16世紀のとある山奥に、キクは横たわっていました。

そこへある国の王子がやってきて、嘆きます。

もうすでに呪いにかかってしまっていたのか!

しかし野うさぎが現れ、彼女にキスすれば目覚めると言いました。

王子はその言葉を信じ、キクにキスをしようとします。

ですがキクはそんな王子に狂って笑顔で噛みつき、吸血鬼にしてしまいました。

そしてそのまま無表情になって、王子の元から去っていったのです。

1963年の日本にて、キクはまた別の男と愛し合っていました。

その男にはどうやら決められた婚約者がいたようですが、それを跳ね除けてキクを選んだようです。

あなたがいればそれでいい、という男。

キクはその男も吸血鬼に変えて無表情で去っていきます。

また時は進み、1970年のカリフォルニアにて。

キクはとある男と結婚式を挙げていました。

そこへやって来た別の男。

キクは結婚式をすっぽかしてその男と逃げます。

2人はしあわせそうに笑いあいました。

それなのにキクは、またしてもその男すらも吸血鬼にしたのです。

去り際はもちろん無表情。

それからも彼女は幾度も幾度も男を裏切りつづけ、恨みを抱かれ続けて来ました。

時間軸は現代に戻り、キクはバーでマヒルに自分の夢を語ります。

私の夢は、誰か他の人を愛して愛されて、結婚して子供を産んで……

人生の最期に、幸せだったなって笑いたいんだ。

【次のお話】よふかしのうたネタバレ101話はこちら!

よふかしのうたの単行本最新刊を無料で読む方法とは!

【よふかしのうた最新話ネタバレ】衝撃!星見キクの経歴感想

連載100話目という区切りで明かされた、とんでもない吸血鬼の存在…背すじがぞっとしますね…。

何を考えているのか分からないひとほど怖いものはありません…。

週刊少年サンデー連載中のよふかしのうたの次のお話は、2021年10月27日に発売される予定です。

発売日以降、最新話のネタバレを更新するのでお楽しみに!

よふかしのうた ネタバレ 最新話 感想
最新情報をチェックしよう!