注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

優しいあなたを守る方法ネタバレ!34話 アフィンの使命

ピッコマで配信中の「優しいあなたを守る方法」のネタバレ&感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

ディトリアンと結婚し、ゼノス公国へ向かうレティシャと公国の一行、そして翼の2人、アフィンとテアヌ。

ディトリアンの部下達はレティシャがエノックを救った神官だと考え、すっかり魅了されています。

それを知らないレティシャはずっと嫌われていると勘違いをしていました。

一方テアヌは、小さい時に絶望の淵へ追いやったはずのレティシャが

生き生きとしていることにムカつき、顔をズタズタにしようと砂嵐を起こします。

その砂嵐はレティシャへ襲い掛かるも、ディトリアンがかばい無事でした。

心配になったディトリアンは天幕を張り、休憩することにします。

つまんねえな、小娘の顔をひき肉にできたのに、というテアヌのつぶやきを聞き、

怒りの目を向けるアフィンでした。

【優しいあなたを守る方法ネタバレ!34話 アフィンの使命】

天幕の中。

テアヌは荒れていました。

テアヌ様は今回の任務に不満があるのですね、とアフィン。

当然だ、俺の意見なんか無視だったんだ、とテアヌ。

護衛を拒むばかりか砂嵐で使節団を攻撃するとは・・叛逆の意ととってよろしいですか?

アフィンはそう言ってギロリとテアヌを睨みます。

は?叛逆?そこまでは言ってないぜ!喧嘩売ってんのか!と焦るテアヌ。

アフィンは剣を抜く動作をします。

こいつ・・どうしちまったんだ?と動揺するテアヌ。

お前は3番目の翼で俺は2番目だ、俺に勝てると思うか?とアフィンに向かって叫びます。

しかし、心の中ではアフィンを侮れないと考えていました。

翼の力は覚醒した順で決まりますが、聖女との絆にも反映されます。

聖女からの信頼が一番厚いアフィンの力は計り知れず・・・

そんなことは関係ありません、あの方のためなら何でもします、命を懸けても、とアフィン。

クソ真面目な奴め、不満はないが護衛が初めてで窮屈なだけだ、とテアヌ。

そして良いことを思いついたかのように、レティシャを俺によこせ、とアフィンに要求します。

何ですって?とアフィン。

聖女様が護衛を命じたのは使節団だけだろ、公国に着くまであいつで遊ばせてもらおう、

でなきゃ護衛なんてやってられない、とテアヌ。

俺を自由にするか、レティシャをよこすか!ふたつにひとつだ。

ではそのように、とアフィン。

じゃあ今すぐ小娘を・・と嬉しそうに笑うテアヌに、出て行って結構です、と言うアフィン。

え・・?護衛はどうするんだ?とテアヌ。

頭を冷やしてきてください、それまで私が1人で務めます、とアフィン。

聖女の命令なら天変地異が起きても守り通す堅物が、任務からの離脱を許可?

驚くテアヌにアフィンは続けます。

まだ公国まで大分ありますから休める時に休んだほうがいい、ですからどうぞご自由に。

テアヌは天幕を出ていきます。

レティシャを手に入れられなかったのは残念だがまだ時間はある、チャンスはまた来るはず・・

テアヌが出て行った後、アフィンのそばに風の精霊が顔を出します。

随分消耗しているな、難しい仕事を任せてしまってすまない、と精霊を気遣うアフィン。

平気ですよ!と精霊は答えます。

テアヌが砂嵐を起こした時、アフィンは風の精霊を呼んで彼女を守らせていました。

しかしテアヌとアフィンの力の性質が違ったため、精霊が負傷してしまっていました。

それよりもテアヌが抜け出し、民家に向かっています、八つ当たりをする気かと、と精霊。

彼の目を逸らさないと・・暴れたいようだから餌をやるとしよう、とアフィン。

近くの地面の下で眠っている魔獣を今すぐ起こすよう精霊に頼みます。

2、3体なら可能ですが、レティシャを守るために魔獣を起こしたと知れたらただでは済みません、と精霊。

精霊は盟約の苦痛を心配していました。

盟約の苦痛とは、主の命令に逆らった翼に課せられる罰であり、テアヌが聖女の命令に従うのはこのためです。

まるで全身を引き裂かれ、体中の細胞が悲鳴を上げるような痛み。

何でもない、とアフィン。精霊を送り出します。

精霊が行ってきます!と消えた途端、アフィンは地面に崩れ落ちます。

そう、アフィンはすでに盟約の苦痛を受けていました。

信託の直後にヨゼフィーナがアフィンに下した命令は護衛ではなく、バレノスを放つこと。

公王とレティシャ以外の使節団は皆殺しにすることでした。

しかしアフィンはテアヌを含め全員を騙しました。

レティシャを守る、と愛するノエルに約束したからです。

それに・・レティシャに初めて会って自分を呼ぶ声を聞いた瞬間、

「唯一の王にひれ伏せ 真なる主の意志に従え」

雷に打たれたような感覚、そしてその声が何を意味するのか・・

ノエルは言った、聖女がもう1人いるのでは?

ノエルは言った、私は聖女レティシャの翼なの!

ノエルが正しかった、翼であるアフィンの力を打ち消せる人間はこの世に1人しかいないのだから。

レティシャの話を聞きながら思った、この方が新しい聖女かもしれない、私の主人になる方。

それでも彼女に何も言えなかったのは・・

「騙されるな・・お前の主はヨゼフィーナただひとりだ」

蛇のように潜り込んでくる恐ろしいささやきのせいでした。

その頃、別の天幕ではディトリアンがレティシャを介抱していました。

レティシャの顔の切り傷を丁寧に扱うディトリアン。

レティシャは、これでは彼が自分を大切に思ってくれてるかもって勘違いしてしまう、と思います。

顔を真っ赤にするレティシャを心配するディトリアン。

きっと彼が優しいからよくしてくれるだけ・・とディトリアンを見つめます。

彼も砂嵐に揉まれたのに、どうしてこんなにカッコいいの・・?

私だけボロボロじゃないの、心臓が破裂しそう・・

次のお話】優しいあなたを守る方法 ネタバレ35話はこちら!

【優しいあなたを守る方法ネタバレ!34話 アフィンの使命 感想】

残虐なテアヌはレティシャに目をつけ、アフィンによこせと要求します。

それを拒み、精霊を使ってテアヌの暴挙を阻止しようと動くアフィン。

しかし、それは全てヨゼフィーヌに背くことであり、盟約の苦痛で苦しんでいました。

それでも愛するノエルとの約束を守るため、密かに闘うアフィンはかっこいいですね。

そしてレティシャとディトリアンのラブラブが毎回すごくて、早く幸せになってほしいと願うばかり。

続きがどうなるのか楽しみです。

優しいあなたを守る方法は ピッコマで配信中です。

最新情報をチェックしよう!