注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

【漫画】わたしの幸せな結婚20話(2)ネタバレ!美世が大変になると予言される!

コミックス「わたしの幸せな結婚」20話(2)のネタバレ&感想をまとめました。

わたしの幸せな結婚の単行本最新話を無料で読む方法を徹底調査しました!

【前回のあらすじ】

清霞は直属の上司である大海渡征(だいかいとまさし)の元へ来ていました。

彼は清霞にこんな話をします。

異能者の墓である”オクツキ”を荒らす者が出た、と。

普通の人間とは違い、異能者の墓は死してなお成仏できず妖しいものへと変化しやすいため、禁域という場所に閉じ込めているのでした。

そこが暴かれてしまい、大方の霊はなんとかできたものの、いくつかを取り逃してしまったようなのです。

また、大海渡は清霞の婚約を嬉しそうに話し、清霞は照れくさそうにしました。

その後2人は、辰石に会いに来ます。

悪いことに手を染めた前当主に代わり、長男の一志が家を回していました。

見た目は派手で遊び人な性格ですが、事情聴取や難しい書類作業などはしっかりこなす意外なギャップを持っています。

その日も一志はド派手な着物を着ていました。

あまりにも派手なので、次そんな格好で御前を前にするようなことがあれば許さない、と清霞はゴゴゴゴという感じで怒ったのでした。

わたしの幸せな結婚20話(1)のネタバレはこちらから

【わたしの幸せな結婚最新話ネタバレ】わたしの幸せな結婚20話(2)ネタバレ!美世が大変になると予言される!

豪華な部屋の前にやってきた清霞、大海渡、そして辰石。

彼らがお目にかかったのは、天皇の息子である堯人(たかいひと)という人物でした。

この人物には性別がなく、中性的な見た目をしており、また清霞が昔から仲良くしていた人物です。

3人にとってはとても偉い人なので、辰石も大海渡も清霞もとても丁寧に接します。

まず、辰石が自己紹介をしたり、斎森家が廃れたという話をしたりしました。

堯人という人物は穏やかで、辰石家のことも斎森家のことも特に咎めたりはしませんでした。

そして、堯人は未来予知をすることができました。

これは天皇の血筋を持つものにしかできないことのようで、堯人は天皇の次男でした。

彼は二つ予言をしました。

異能者の墓場であるオクツキが破られたことにより、数名命を落とすかもしれない。

清霞の嫁である美世は、これからが大変だろう。

その二つを聞き、清霞は深々と頭を下げたのでした。

わたしの幸せな結婚の単行本最新話を無料で読む方法を徹底調査しました!

【わたしの幸せな結婚最新話ネタバレ】わたしの幸せな結婚20話(2)ネタバレ!美世が大変になると予言される!感想

美世にはどうやら異能があるようですが、一体それはどんなものなのでしょうか……。

大変になる、と予言されましたが、どんな風に彼女やその周囲の人間が変わっていくのか非常に楽しみです!

発売日以降、最新話のネタバレを更新するのでお楽しみに!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!