注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

SとXセラピスト霜鳥壱人の告白 最新話ネタバレ!第8話

2021年12月14日発売の「SとX セラピスト霜鳥壱人の告白」のネタバレ&感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

澪里子は彼氏の井上君と一緒にいながら、姉の彼氏に興味を抱きます。

そして、姉の彼氏に近づこうとアプローチしますが、そこへ姉が現れます。

姉に冷たく罵られ、恥ずかしくなって街へ飛び出す澪里子。

知らない男と飲みますが、触られた瞬間ぞっとして逃げ出します。

街で澪里子が偶然ぶつかった相手は、通っていたクリニックにいた江戸川先生でした。

江戸川先生はただならぬ様子の澪里子を見て、主治医の霜鳥へ連絡します。

【前のお話】 SとX セラピスト霜鳥壱人の告白 ネタバレ7話はこちら!

SとX ~セラピスト霜鳥壱人の告白~の単行本最新刊を無料で読む方法とは!

澪里子は風船がたくさん浮いている不思議な空間にいました。

綺麗な色とりどりの風船。

澪里子が捕まえようとするも、するりと指の間を抜けてどこかへいってしまいます。

待って!と追いかける澪里子。

丸くて綺麗な風船、私が欲しい!と強く願い、手を伸ばします。

そして、やっとひとつ風船を捕まえます。

ところが、捕まえた瞬間、風船はシュウゥゥとしぼんでしまいました。

驚いて思わず風船を投げ捨てる澪里子。

しぼんだその風船を見て思います。

私が欲しかった風船はこんなのだっただろうか・・・?

そこで、澪里子は ハッと目を覚まします。

変な夢・・!

澪里子がはぁはぁと息を切らして体を起こすと、そこはクリニックのベッドでした。

コンコン、と扉をたたく音。

そこには霜鳥が立っていました。

霜鳥はホットココアを澪里子へ差し出します。

ココアを飲みながら、澪里子は霜鳥に語りだしました。

私には姉がいます、

3歳年上で、小さいころからよく比べられていて・・

姉はなんでも私よりよくできるタイプで・・

勉強はもちろん、私が先に習っていたスイミングもバレエも・・

私の好きなことは、どんどん姉のものになっていった・・

私は一生姉には勝てないんだ、と小学生の時に悟ったんです・・

それは辛かったですね、と霜鳥。

だけど、と澪里子。

どこかのタイミングで変わった?と霜鳥。

そうなんです、と澪里子。

私が大学1年生になったばかりの時、姉の彼氏だった人から、

妹の私に一目惚れした、と姉を振ってまで告白してきてくれて・・

それがすっごく嬉しくて・・・

姉に対して劣等感がずっとあったから、私が選ばれるなんて、

生まれて初めてお姉ちゃんに勝った!と。

でもすぐその喜びも覚めて、結局その人とは長く続かず、、恋愛はいつも続かないんです・・

その言葉を聞いて、霜鳥は最初に澪里子が井上と来た時に抱いた違和感を思い出していました。

・・井上君に彼女がいるのはわかっていたけど、どうしても彼が好きなってしまって、

でも彼が彼女と別れたといって私に告白してくれたんです!・・

霜鳥は思います。

姉の恋人が彼女を選んだ時の高揚感が、彼女の劣等感を一時的に払拭してくれた。

それが彼女にとって、自己肯定感を一時的に満たしてくれる、

「刺激的な恋愛」になっていたのだ・・

彼女が服装や髪形を頻繁に変えていたのは、そのたびに好きな相手が違ったから、

彼らの好みに合わせて自分を変えて近づくようになった・・

誰かのものでなければ、興味が持てない状態なのだ、と。

そして澪里子に質問します。

井上さんの好きなところを教えてください。

澪里子はその質問にえっと驚き、考え込みました。

なんかいいな~って・・サークルで話していて・・

霜鳥は続けます。

いいなと感じた具体的な思い出を話しもらえますか?

澪里子は何も言えず、黙ってしまいます。

では、質問を変えますね、と霜鳥。

澪里子さん、井上さんと性行為をしたいと思いますか?

その質問に頭が真っ白になる澪里子。

また何も答えられません。

霜鳥は別の質問をします。

たとえば、相手から性行為を求められた時、どんな気分になるでしょう、と。

澪里子はとまどいながら答えます。

そりゃ恋人だし、するんだなって・・だって、そういうものじゃないのか、と。

霜鳥はその答えを聞いて、澪里子に話をはじめました。

先ほどお姉さんの恋人が自分を選んでくれて嬉しかったと言っていましたよね、

自分が初めてお姉さんに勝てた、と。

相手を自分のものにしたいという衝動を抱き、手に入れようとする間は気持ちが昂って楽しい。

でも両想いになりそのプロセスが終われば興奮が冷め、相手への興味を失ってしまうのでは?

その言葉を聞いて、澪里子はハッとします。

霜鳥の話は続きます。

そして、また別の相手に刺激を求める。

初めて他人に選ばれた高揚感が忘れられないから、あなたはこのループにハマってしまっているのだ。

自信を持ちたくて彼らに好かれようとする、

でも彼らは代わりでしかないから、彼らがあなたの方を向くと興味を失ってしまう。

自分のことが好きではないから、自分を好きになった彼らを信用できなくなる。

人から奪ってまた興味を失って、の繰り返し・・

そんな恋愛ばかりの自分がまた嫌いになっていく・・

霜鳥の言葉をじっと聞く澪里子。

霜鳥は言いました。

身体が反応した理由は心理的な抵抗があったからだとしたら・・

性行為はしたくなければしなくてもいいのだ、

澪里子がどうしたいか、が大事なのだ、と。

澪里子は霜鳥の言葉を頭の中で反芻し、考えます。

そして、つぶやきます。

私が挿入障害になったのは、別に相手とセックスしたいわけではなかったから・・

そして、気づいたように顔をあげました。

そうか、私がどうしたいか、なんだ。

そして、先生、ありがとうございます、と霜鳥にお礼を言います。

それからうつむいて独り言のようにつぶやきます。

みんなに、ちゃんと謝りたいな、と。

後日。

澪里子は井上とカフェにいました。

そして、井上君とは友人に戻りたい、と伝えます。

この前井上君と一緒に行ったクリニックで、自分の気持ちを整理することができた、

今まで自分の感情に向き合えていなかったけど・・

そうして涙を流す澪里子。

そんな澪里子を優しくなだめる井上君。

美容院にて。

澪里子のスマホに着信がきます。

それは姉からでした。

昨日、姉と会って話をしたことについてありがとう、とチャットしたところ、

姉からも私も話せてよかった、次は許さないからね、とチャットの返信がきていました。

スマホの画面を見ていた澪里子に美容師が話しかけます。

短いの似合いますね、どうして今までしてなかったんですか、と。

澪里子は鏡の中の、ばっさりショートカットな自分を見て微笑みます。

そして思います。

少しずつでいいから、自分を好きになれるようになりたい。

【次のお話】SとX セラピスト霜鳥壱人の告白 ネタバレ第9話はこちら!

SとX ~セラピスト霜鳥壱人の告白~の単行本最新刊を無料で読む方法とは!

【SとX セラピスト霜鳥壱人の告白 最新話ネタバレ!第8話感想】

澪里子の続かない恋愛は、姉へのコンプレックスからきていたものでした。

劣等感から自分を好きになれず、誰かに選ばれることで自己肯定感を得ていた・・

霜鳥はそんな澪里子の心の闇に気づき、澪里子にも気づかせてあげました。

霜鳥はよい先生なんですね。

そして、ここは性に関するクリニックでありながら、心もケアするクリニックなんだと思いました。

澪里子は前向きに立ち直り、自分と向き合うことができてよかったですね。

しかし、肝心の霜鳥の性と心はどうなっているのでしょうか・・

次回も楽しみです。

イブニングで連載中の SとX の次のお話は、2021年12月28日に発売される予定です。

SとX セラピスト霜鳥壱人の告白 ネタバレ 最新話 無料
最新情報をチェックしよう!