注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

SとXセラピスト霜鳥壱人の告白 最新話ネタバレ!第10話

2022年1月11日発売の「SとX セラピスト霜鳥壱人の告白」のネタバレ&感想をまとめました。

SとX ~セラピスト霜鳥壱人の告白~の単行本最新刊を無料で読む方法とは!

【前回のあらすじ】

市之瀬さんと霜鳥の初めてのデート。

2人がキスをした夜、霜鳥の家で裸で抱き合ったものの、結局性行為はしませんでした。

市之瀬さんは霜鳥がどう思っているかわからず、デート中も1人で悶々としていました。

最後、霜鳥から付き合ってくださいと告白され、驚きながらも頷く市之瀬さん。

一方犀川は派手でドライな性生活を送っていました。

【前のお話】 SとX セラピスト霜鳥壱人の告白 ネタバレ9話はこちら!

【SとX セラピスト霜鳥壱人の告白 最新話ネタバレ!第10話】

霜鳥は性教育講演のため中学校に来ていました。

霜鳥は中学生達に「性的同意」と言う言葉を知っているかとたずねます。

中学生達はヒソヒソ話。1人の男子生徒がセックスしたいって意味!と叫びます。

周りの生徒達は、おい、やめろよ、とかクスクスなど茶化しています。

霜鳥は笑顔で、性的同意は性的な行為をしたいかだけじゃなく、したくないかについても大事だ、と話しました。

そして、そばで書記係をしていた犀川の方を向き、昨日の夕食何食べた?と聞きます。

いきなり振られて焦りながらもステーキです、と答える犀川。

なるほど、じゃあ今日の夕飯もステーキにしますか?好きならいつでも食べたいですよね?と霜鳥。

いや、今夜はいいかな〜〜、さすがに毎晩食べると胃もたれするし、自分が食べたい時にしか食べたくない、と犀川。

そうだよね、と霜鳥は頷くと、これは性行為についても同じです、

好きなんだからいつでも食べたいはずだ、と決めつけるのはおかしいように

性行為についても自分や相手の気持ちを決めつけないようにしてほしい、

性の健康にはお互いを尊重することが不可欠です、

「身体的・精神的に望まない性的な行為」は性暴力になります、

自分や相手を傷付けないためにも性的同意について詳しく学んでいきましょう、と説明しました。

霜鳥が説明中、中学2年生の三枝麻紀は気分が悪くなっていました。

それに気づいた同級生の池内孝が大丈夫?と声をかけます。

麻紀は保健室行ってくる、と出て行きました。池内は薪が最近元気がないな、と心配です。

性教育の講演が終わり、霜鳥にお礼を言う磯矢先生。そこへ、教頭が来て磯矢先生を呼び出します。

教頭は磯矢先生に、講演についてどうかと思う、と話をしはじめました。

あんな話をして子供が興味を持ったらどうする、自分は古い人間かもしれないけど、

子供はいつも変わらないのではないか、セックスのような余計な知識はつけない方がいい、

それに保護者からどんなクレームが来るか・・・とため息をつきます。

そこへ霜鳥が現れ、すみません、聞こえてしまったので・・少しいいでしょうか?と説明をはじめます。

・ユネスコの研究では性教育を行うことで性行為やリスクの高い性行動が増加することは無いという結果が出ている

・逆に禁欲を促進するプログラムは初交年齢を遅らせたり、頻繁な性行為を減少させたりするのに効果がない

・日本では性的同意年齢が13歳でこれは明治時代から変わっておらず諸外国と比べても低い現状

・13歳以上になると性被害に遭った際にどんな脅迫・暴行をされたかそれによって被害者がどう抵抗したか説明し立証されなければ性犯罪として問うことができない

・つまり、明確な脅迫や暴行がなければ性的同意があったとみなされてしまう

・国際的な研究では約20%の女性、5〜10%の男性が子供時代に性的暴力の犠牲になったことがあると報告されている

なるほど、と頷く教頭。

性行為によって何をするのか、その結果何が起こるのかを十分に理解できていなければ・・

性行為を「したい」か「したくない」か選択することもできないと思いませんか?と霜鳥。

それに今はスマートフォンの普及により、ネットで過剰な性的コンテンツが簡単に子供の視界に入ることもあります、

歪んだ性の知識を見るなということは止められないんです、と磯矢先生。

なるほど、そういう背景が・・私の勉強不足だったようです、申し訳ない、と教頭。

私達大人が正しい知識を伝えていく義務があります、彼らの知識は彼ら自身を守る、

子供達には「性教育を受ける権利」があるんです、と霜鳥。

夕方。麻紀は電車に乗って帰宅していました。

構内には「盗撮に注意!あなたの隙を狙っています!気が緩くなっていない?後ろや周りに注意しましょう!」のポスターが。

それを見て麻紀は思います。

通学も生活するにも電車に乗らないとどこにも行けないのに・・

そして霜鳥の講演時の「身体的・精神的に望まない性的な行為は性暴力になります」の言葉を思い出します。

・・電車に乗るのが怖くなった、盗撮をされたあの日から・・・

麻紀は以前電車の中で、男にスカートの中にスマホを差し入れられ、盗撮されていました。

盗撮に気づいたものの、怖くて身動きできなかった麻紀。

周りの人たちが気づいて男を取り押さえたものの、気持ち悪くて怖くて恥ずかしかった麻紀。

盗撮されたのは私に隙があったから?今までも気づいていないだけで盗撮されていた?

制服のスカートを履いて電車に乗った私が悪かった?どうしたらよかったの・・

私がちゃんとしてればこんな辛い思いせずに済んだ?本当に?

思わず電車を降りる麻紀。

麻紀はスカートの下にジャージを履いていました。

嫌悪感と後悔と恥ずかしさでどうすればいいかわからない・・

どうしよう、息ができない、助けて・・・

その時、1人の女性が大丈夫?!と声をかけ、麻紀に紙袋を差し出します。

麻紀は紙袋に吐瀉した後、ありがとうございます、と言うと気にしないで、と女性。

麻紀は女性に盗撮被害のことを話しました。

女性はそれは辛かったでしょう、と言います。

でも、あれですよね、スカート履いて気を抜いてた私が悪いんですけど・・と麻紀。

わかっているけど、やっぱりしんどいというか・・と話します。

話しながら、知らない人に話しちゃったけど、何やってるんだ、恥ずかしい、と思います。

すると女性は真剣な顔で、茶化さなくていいから、あなたを責めるわけないから、と言います。

麻紀はしばらく黙った後、盗撮の件は示談になった、と話しました。

向こうが早々に弁護士をつけて、私の両親もすぐ解決したいと思っていたし・・

女性は、日本は盗撮そのものを取り締まる法律がないんだよね、と言います。

私も今回初めて知りました、と麻紀。

示談で解決したみたいになっているけど、私の中では全然終わっていない、普通に生活するだけで恐怖を感じるようになって・・

これが一生続くのかって・・電車も乗れなくなって、仕方なく来月から徒歩通学できる学校へ転校します・・

私が弱いからでしょうか・・盗撮されたのも、されたことを引きずっているのも・・

駅のポスターに盗撮犯はあなたの隙を狙っている、気を緩めるなってあったんです・・

どれだけ気をつければ被害に遭わないのか、電車に乗らない?スカートを履かない?夜道を歩かない?

私は普通に生活するなってことですか?と必死の形相で女性に聞く麻紀。

女性は麻紀に答えます。

被害者にばかり自衛を求めるのは間違っている、そういう人たちが被害者を責めるのは自分達が不安になるから、

社会に理不尽が存在することを自分の無力を知りたくなくて、被害者に落ち度があったと思いたい。

ルールさえ守っていれば自分は被害に遭わない、だからこの社会は安全だ、

被害者にも落ち度があったとすることで安心しようとする、心理学での「公正世界仮説」

だからそんな言葉は聞く価値はない、どうか自分を責めないでほしい、

あなたは悪くない、怒って良いの、あなたには怒る権利がある。

そして女性は最後に、性暴力はあってはならない、そんな当然のことを言い続けないといけない社会でごめんなさい、と謝ります。

麻紀はその言葉を聞き、そっか・・私怒っていいんだ・・私の怒りは正当なんだ・・とつぶやきます。

夜。女性は霜鳥のクリニックの同僚である智鶴と居酒屋で待ち合わせしていました。

そして麻紀の話をします。

そうだったの、駅でそんなことが・・と智鶴。

女性は、祈るような気持ちになる、あの子が押し潰されませんように、とつぶやきます。

当事者の辛さが苦しみが、軽視されない社会・・そうなってほしいのにね、と智鶴。

加害は様々なものを奪う・・そして、予想もしない方向へ影響を与えていくことになる・・

SとX ~セラピスト霜鳥壱人の告白~の単行本最新刊を無料で読む方法とは!

【次のお話】SとX セラピスト霜鳥壱人の告白 ネタバレ第11話はこちら!

【SとX セラピスト霜鳥壱人の告白 最新話ネタバレ!第10話感想】

今回は性教育と性的暴行の内容でした。

霜鳥が説明していた日本の性教育の遅れについては知らないことも多く、読んでいて勉強になりました。

麻紀のような被害者が泣き寝入りのケースも多い社会。

智鶴の最後の願いはその通りだと感じました。

そして、最後の文章、加害が予想もしない方向へ与える影響とは何なのか・・

続きが気になります。

イブニングで連載中の SとX の次のお話は、2022年1月25日に発売される予定です。

SとX セラピスト霜鳥壱人の告白 ネタバレ 最新話 無料
最新情報をチェックしよう!