注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

ワタシってサバサバしてるから7話ネタバレ!木内に企画書盗用疑惑

めちゃコミックで配信中の「ワタシってサバサバしてるから」のネタバレ&感想をまとめてみました。

【前回のあらすじ】

社史編纂室からの取材として、アポなしで編集部を訪れた奈美。

勝手に記事の写真を撮ったりしていると、麻衣に部外者は立ち入り禁止だと指摘されます。

苛立って描いた記事もボツを食らい、八方ふさがりになってしまいます。

ここでは自分の能力が評価されないと考えた奈美は社内コンペの企画に期待しますが…!?

ワタシってサバサバしてるからの単行本最新刊を無料で読む方法とは!

ワタシってサバサバしてるから6話ネタバレ!

【ワタシってサバサバしてるから最新話ネタバレ】 ワタシってサバサバしてるから7話ネタバレ!木内に企画書盗用疑惑

新しいWEB雑誌の企画を考えろと言うコンペ内容に元々編集部出身の自分なら楽勝だと、タカをくくる奈美。

私にしか作れないようなものを考え、舞い戻ってやる…と早速執筆に取り掛かったその手は止まってしまいます。

アイデアが全然降りて来ず、こんな空気の悪い場所のせいだと外に出る奈美。

そこで麻衣と山城を見つけ、会話を盗み聴くように近くの席に座ります。

聞けば、麻衣も前からこんなのがあれば良いと思っていたWEB雑誌があるからコンペに出すと言います。

それを聞いた奈美はこの戦い、絶対に負けられないと敵意をむき出しにします。

今回のコンペは会長から直々に指示があったコンペで、会長は普段お目にかかる事のない雲の上の人。

企画が選ばれたら会社としても力を入れるだろうな、と山城は話します。

和やかな麻衣と山城の空気に、なに麻衣と仲良くしてるんだ、イケメンと思ったけど大した男じゃないと思う奈美。

注目されるコンペであればあるほど私の実力がアピールできるから良いと考え、奈美は二人に声を掛けます。

コンペの話を麻衣に振る奈美を見て、もしかして網浜さんも応募されるんですか?と言う山城。

奈美は得意げにええと返し普段から積極的に会社に企画提案できるからコンペの形式なんて必要ないけど、と言います。

編集部でのキャリアがあるから、手本じゃないけどそういう姿勢も必要かなってねと語る奈美。

しかし麻衣は以前は奈美の企画書を見る機会が余り無かったから勉強させていただきたい、楽しみだと返します。

笑顔でそう言われ、余裕ぶっこいて、宣戦布告か?と敵意を燃やす奈美。

必ずぎゃふんと言わせてやると息巻いた奈美でしたが、実際作ろうとすると手が止まってしまうばかりでした。

しんどそうな奈美の姿に見かねて木内が、お手伝いできることがあれば仰ってくださいと声をかけます。

予想外のセリフに素直にありがと、と答え、それを笑顔で返す木内。

これをきっかけに奈美は、木内は案外気が利くと考え、キウッチは社内コンペに応募するのかと尋ねます。

突然の仇名に驚いたものの、応募してみるつもりですと木内は答えます。

身の程知らずな女ね、まあ雑魚が応募すれば選ばれたとき私の価値が上がるからいっかと余裕の奈美。

ところが、数日経ってもアイデアは降りて来ず、その原因をこの場所に毒されたからだと考え始めます。

苛立つ奈美に、米沢が資料のチェック作業を頼みに声を掛けると、誰でも出来る仕事は他に振れと奈美は答えます。

会社の命運がかかった重要な企画をやっている、その言い分に米沢は言葉を失い呆気にとられます。

前から思っていたのですが…あなたのその自信満々な態度の根拠ってなんなんですか?と悪気無く言う米沢。

え?と言う奈美に、米沢はだってそうじゃないですか、とまっすぐな目で答えます。

まともに取材も出来ない、原稿も間違いだらけ、どうしてそんなに偉そうに出来るのか不思議なんだ、と。

米沢は事実を述べているだけですが、何言っちゃってんの、と引く奈美。

僕気が弱いから、網浜さんみたいに能力が無いのに自信満々で居られるコツを教えてほしいと米沢は頭を下げます。

お願いします、と頼み込む米沢と奈美のやり取りを見て、社史編纂室メンバーはある者は笑い、ある者は青ざめます。

米ちゃん喧嘩売ってんの…?と怒った奈美ですが、米沢から書類を奪い取って資料のチェックをやることにしました。

失礼な奴、そんなだからここにいるんだろうけどつくづく救えない、と考える奈美。

結局米沢から回ってきた仕事が終わらず、遅くまで一人残って働く羽目になってしまいました。

コンペの企画書応募締め切りまではあと一週間、こうして居る間にも麻衣は企画書を進めている。

その焦りが、奈美に余計な事を閃かせます。

そういえば確か応募するって言ってたっけ…手伝うって言ってたもんね、ちょっと参考にさせてもらうわよ。

軽い気持ちで木内の座席を漁り企画書を見つけ、ビンゴ!とほぼ完成したその企画を覗き見る奈美。

翌朝の奈美はとても上機嫌で、資料のチェックも終わったと米沢に気分よくそれを提出します。

その光景を遠くから見守り、安心したかのように微笑む木内。

しかし編集部では、社内コンペの企画書を奈美が社内で一番に出した事が噂になっていました。

規格作りは無理でしょ、と言う亜紀に、それがめちゃくちゃ良い企画なんだってと噂を仕入れた晴香が答えます。

ずっと事務職で企画書は作った事無いはず、ましてやWEB雑誌の企画書なんて作れるのかなと考える亜紀。

部署異動して真面目にやる気になったのかも、と二人は話し、それを麻衣は聞きながら仕事を進めていました。

そしてコンペ締切日当日、企画書を提出し終えて帰る麻衣に奈美は声を掛けます。

今回は沢山の社員が応募してるみたいです、と話す麻衣に軽い気持ちで応募したら才能が溢れたかもと言う奈美。

逆に皆を蹴落とす感じになっちゃったりして、と言われて麻衣は…結果が楽しみですね、とだけ返しました。

お互い正々堂々と勝負だね、と言う奈美に挨拶をしてその場を去る麻衣。

奈美は麻衣の態度に、そうやって余裕な顔をしていられるのも今だけよ、と思いほくそ笑んでいました。

結果が楽しみだとウキウキする奈美の前で、千堂が木内にコンペの企画書を出したか尋ねます。

朝一で出したと答える木内の会話を聞きながら、フンッと鼻で息をする奈美。

そこにコンペの責任者でもある広報部の間島が社史編纂室を訪れ、木内にちょっといいですか?と声を掛けます。

廊下に連れていかれた木内を追うように、コーヒーを飲むと言って席を立つ奈美。

盗み聞きしに言って見ると、木内が締切日前日に出した企画書に盗用疑惑があると間島が話していました。

私そんな事してません、と木内が否定しても、木内より数日前に内容が酷似した企画書が出されていたと言う間島。

ショックで肩を震わせる木内に、間島は今回は会長も審査に入るから大事にしたくなくて事前に来たと言います。

そして提出した企画書を下げてくれと言われてしまう木内。

絶望の表情を浮かべる木内を覗きながら、奈美は舌を出してやっちゃった、と言わんばかりに笑っていました。

ワタシってサバサバしてるからの単行本最新刊を無料で読む方法とは!

【ワタシってサバサバしてるから最新話ネタバレ】 ワタシってサバサバしてるから7話ネタバレ!木内に企画書盗用疑惑

うわー奈美ちょっとこれは最低ですね…。

思いっきり盗用してるのに真面目な木内さんが辛い思いをするのか…。

思い切り反撃が来てほしい所ですね!

【次のお話】 ワタシってサバサバしてるから ネタバレ8話はこちら!

ワタシってサバサバしてるから 最新話 ネタバレ 感想 無料
最新情報をチェックしよう!