注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

ワタシってサバサバしてるから6話ネタバレ!コンペで勝利を狙う!

めちゃコミックで配信中の「ワタシってサバサバしてるから」のネタバレ&感想をまとめてみました。

【前回のあらすじ】

編集部と営業合同の内輪の歓送迎会を終え、正式に社史編集室へ移った奈美。

覇気のない面々を見た奈美は、自分にこの部署を何とかしてほしいと託されたと勘違いします。

新たな部署でも不満ばかり言う奈美でしたが…!?

ワタシってサバサバしてるからの単行本最新刊を無料で読む方法とは!

ワタシってサバサバしてるから5話ネタバレ!

【ワタシってサバサバしてるから最新話ネタバレ】 ワタシってサバサバしてるから6話ネタバレ!コンペで勝利を狙う!

朝礼後、人目もはばからず、ガツガツとあんぱんを頬張りパック牛乳を飲み干す奈美。

それを見た千堂は、すでに業務開始時間は過ぎていて調書の時間ではありませんよと注意します。

その言葉にカチンと来た奈美はまだ5分すぎただけ、朝食を食べないと頭が働かないと言い張ります。

前の部署ではそんな小さな事を注意された事はない、頭の固い地味な部署は自分に合わないと言い捨てる奈美。

しかし千堂は、前の部署の方たちも苦労されてきた様だ、それに気付いてないのは奈美だけではないかと言います。

出世街道から外れて閑職に追いやられてるくせにこのクソジジィ、と思って千堂を睨みつける奈美。

千堂は気にせず、奈美に頼みたい仕事があると言ってUSBデータを渡します。

この中に社内サークルや社員の交流会の画像があるから仕分けてくれ、と頼む千堂。

奈美は誰にでも出来る単純作業が回ってきたことを不服に思い、自分の実力を発揮できる仕事をくれと言います。

人気女性誌の編集部で長年磨いて来た腕が腐っちゃいます、と言う奈美に今渡せるのはその仕事くらい、と言う千堂。

この爺さんに何言っても埒が明かない、そう思った奈美は千堂からわかりましたぁと言ってUSBを奪い取ります。

テキトーに終わらせてやるとデータを見ると、中身は社員の家族写真やBBQの様子が映された写真でした。

その中に麻衣の写真を見つけ、いつの間に…あざといわ~と眺めていると、山城の写真も見つけます。

しかし山城の写真にはすべて麻衣が一緒に写っており、奈美の苛立ちはボルテージを上げていきます。

なんでこんな写真を仕分けしなきゃいけないのか、とまとめてゴミ箱に入れようとする奈美。

しかし背後から千堂に声を掛けられ、削除することを諦めます。

こんな写真社内報に載せる意味って何なんですかね、小学校じゃあるまいしとけらけら笑う奈美。

しかし千堂は会社と言うのはすべては人だと話し始めます。

社員同士のコミュニケーションが円滑でこそいい仕事に繋がり、風通しの良い会社は自然と業績も良くなるもの。

そういった意味でどんな社員がいるかを知ってもらう事が出来る社内報は大切という千堂。

この言葉に奈美は嘱託社員が経営者みたいな発言しやがって偉そうに、と考え、自分には必要ないと答えます。

私ってめちゃくちゃオープンマインドだから、社内報が無くても誰とでも直接ぶっちゃけトークできちゃう、と。

一人で勝ち誇ったようにケタケタ笑う奈美に、そう思っているのは貴方だけかもしれませんね、と言って去る千堂。

年を取るとネガティブで皮肉屋になるから嫌だと思いつつ、奈美は写真の仕分けに戻ります。

適度にその作業を終え、ふと向かいの席の木内静江を見るなり、暗い女ねと品定めをする奈美。

しかし色々使えるかもしれないからとりあえず話しかけてみようと、木内に声を掛けます。

社内報に載せる原稿を作成しているという木内はこの部署に所属して今年でちょうど5年目の社員でした。

それを聞くなり、こんなとこに5年も!と偉そうに奈美が返しますが、木内は何も言わず仕事を進めます。

その静寂に、私の身の上聞いたりしろ、こんな所で5年も居ればコミュニケーション力失うわと突っ込む奈美。

つまんね、と思いつつ千堂に仕分けが秒殺で終わった、と報告に行きます。

すると千堂は、社内の各部署の取材を次はやってくれと言い、奈美のサポートとして米沢を付けます。

一方編集部では奈美が居なくなって変なストレスが消えたから気分が良い、と亜紀と晴香が話していました。

突如ぞっと悪寒が走り、そのことをあの人の話をしてたからだ、という事にする二人。

しかしそれは背後に立った奈美のものでした。

もしかして今私の噂してたあ?と現れる奈美に、なんでここに、と二人が尋ねます。

社史編纂室として編集部の取材に参りましたぁ、と奈美はおどけて見せると、米沢の事を助手と言って紹介します。

社史編纂室のやつらに編集のイロハから教えるつもりで、まずは古巣の取材に来たと言う奈美。

けれど晴香たちはいきなり来て取材なんて、同じ社内でもアポ位は事前に取ってくれと返します。

それを聞いてだから言ったじゃないですか、事前にアポを取らないとダメだってと青ざめる米沢。

奈美は相変わらず面倒くさい、もっと私みたいに臨機応変に仕事した方がいいよと開き直り晴香を苛立たせます。

勝手知ったる所だから独自に取材させてもらうと言い、米沢を伴いずかずかと編集部に乗り込んでいく奈美。

編集部にある記事を米沢に撮影するように命令し、米沢は勝手に良いのかと心配しますが、ヘーキヘーキと返す奈美。

それを見た編集部の新入社員は、貴方たち誰ですか!?勝手に撮影されたら困ります!と駆け寄ります。

あんたたちこそ誰よ、新入社員?と彼女たちを威圧する奈美。

そこに麻衣が、網浜さん?お久しぶりです、と笑顔で現れ、新入社員たちの前に立ちます。

ここは部外者は入室禁止エリアですので何か御用があれば、と言う麻衣。

奈美は元々同じ部署なんだから堅苦しい事いわないでよ、部外者って何よ感じ悪いわね!と言い返します。

もっとオープンマインドで行かないと仕事は円滑に進まない、など自分基準の意見を言う奈美。

しかし麻衣は編集部内にある情報はすべて機密情報だから部外者の方はご退出くださいと、冷静に対応します。

苛立った奈美は、いじめかよ!私をのけ者にしていい子ぶっちゃってさ!と大声を上げ始めます。

いじめではなく社内ルールでありビジネスにおいては常識です、といじめを否定する麻衣。

すっかり腹を立てた奈美は米沢を連れて、イライラしながら社史編纂室に戻ります。

戻ってみると木内がまだ仕事を続けているようで、まだ終わってないの?と木内をいじりはじめる奈美。

しかし木内は、苦笑いするだけで何も言わず、奈美は更に苛立ちます。

もういい、取材できなかった部分は自分のセンスと経験で作り上げる、とデスクに向かう奈美。

こいつらの原稿なんて私から見ればクソだろ、プロの仕事を見せつけてやると意気込みます。

苛立ちをぶつけた原稿を仕上げ、千堂にドヤ顔で提出するも、笑顔でボツだからやり直してくれと言われる奈美。

納得がいかない奈美の脇から木内が原稿を提出すると、あっさりOKを貰い、丁寧な原稿だと褒められます。

自分の原稿の何がいけないのか教えてくれと騒ぐ奈美に、内容以前に日本語がおかしいと千堂は返します。

誤字脱字も多数あり、内容も含めて全体的に雑と言われてしまう始末。

今まで編集部にいたと言いますが、何をやってこられたのでしょうか?と冷たい目で見る千堂に奈美は黙ります。

この爺さんは私の能力が高すぎて理解できないんだ、ここに居たら私は潰されてしまうと思う奈美。

早く前の部署に戻る策を考えようと思っていると、社内公募コンペのお知らせを見つけます。

入選した社員は金一封と該当企画を実現するリーダーとして抜擢するというその企画に奈美は食いついたのでした。

ワタシってサバサバしてるからの単行本最新刊を無料で読む方法とは!

【ワタシってサバサバしてるから最新話ネタバレ】 ワタシってサバサバしてるから6話ネタバレ!コンペで勝利を狙う!

木内さんは…どう見ても大人の対応ですよね。

どこの部署に行っても奈美は奈美ですね、ある意味安心感もありますが(笑)

コンペはどうなるのでしょう?楽しみですね!

【次のお話】 ワタシってサバサバしてるから ネタバレ7話はこちら!

ワタシってサバサバしてるから 最新話 ネタバレ 感想 無料
最新情報をチェックしよう!