注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

ワタシってサバサバしてるから5話ネタバレ!お荷物部署で初勤務!

めちゃコミックで配信中の「ワタシってサバサバしてるから」のネタバレ&感想をまとめてみました。

【前回のあらすじ】

麻衣が正社員になる事を不服に思い、麻衣に迫っていたと言う谷川をけしかける奈美。

しかしまたも麻衣に振られた谷川は上司に麻衣は正社員に向かない、と進言します。

このまま麻衣の正社員の道は閉ざされたと思った奈美でしたが、自分が異動する事になり…?!

ワタシってサバサバしてるからの単行本最新刊を無料で読む方法とは!

ワタシってサバサバしてるから4話ネタバレ

【ワタシってサバサバしてるから最新話ネタバレ】 ワタシってサバサバしてるから5話ネタバレ!お荷物部署で初勤務!

何で自分が良く知らない社史編纂室なんてところに異動なのかと不快を露わにする奈美。

一方で麻衣が正社員になったことを晴香と亜紀が大喜びし、これから一緒に企画を考えたりできるとはしゃぎます。

さっすが人事部だよね、網浜さんって自己評価が異常に高いけど中身が伴って無かったと言う晴香。

あの傍若無人さに周りが我慢してる事にも気づいてないと言う声が聞こえた奈美は不機嫌オーラを振りまきます。

しかし、向かって来た奈美はニカッと笑い、丁度今の仕事が物足りなくなってきてたから良かったと言います。

同じ仕事を続けても成長しない、もっと高みを目指そうと思う、だから別部署でチャレンジしたかった。

そう話された亜紀と晴香ははあ…と引いていますが、麻衣は今までお世話になりましたと丁寧に挨拶をします。

どの立場から私に言ってんの?と苛立った奈美は、麻衣に嫌味全開で言葉を返します。

今後は私がフォローしてあげれないのに大丈夫か、責任の重さは派遣と正社員は違うぞ、と。

しかし麻衣は派遣の時も責任を持って仕事に取り組んだから立場が変わっても変わらないと微笑みます。

それに網浜さんと一緒に仕事をさせて頂き、何故か仕事がうまく行かない時の原因と対策法も学んだと言う麻衣。

奈美はその言葉に私が原因でうまく行かないとでも言いたいのかと、その苛立ちは沸点を迎えます。

数日後、歓送迎会に谷川と奈美を誘う事で頭を抱える晴香。

参加しないとは思うけど、と思いつつ、今週末内輪で歓送迎会をやるけど参加されますかと尋ねます。

強制とかではないので無理しないでくださいとまで言いますが、私の為に開催してくれるの?と言い出す奈美。

行ってもいいよ、と言われなんで上から目線なのか、でももうお別れだから我慢しようと晴香はこらえます。

そして迎えた歓送迎会、皆が麻衣の正社員登用を祝い、不貞腐れた奈美はうめぇ~と酒を一気に飲み干します。

麻衣が飲んでない事を指摘し、クライアントとの接待も増えるからワタシみたいに酒豪を目指さないとと言う奈美。

しかし飲み会は始まったばかり、奈美はその言葉をはぁ…と聞いています。

いつも通り男と飲みに行く、などの奈美流自慢大会が始まり、周囲が辟易する中で麻衣は谷川の姿を探します。

聞けば誘ったけど異動について人事部に不服を申し立てていてそんな気分じゃないと言われたとの事。

その話を小耳にはさんだ奈美は、小さい男だねと吐き捨て、私はそんなねちっこい事は…、と考えます。

そういえば、谷川さんが本田さんの事ブスって言ってたよ、と言い出す奈美。

麻衣は言葉を失い黙っていますが、毒舌で悪気はないとか、正社員にもなれたし実力で頑張りな、などと言います。

周囲も唖然としてしまい、何かを切り出せるような空気ではありません。

網浜さん、自分はハダカデバネズミみたいな顔してるくせによく人にそういう事言えますね、と言う加賀。

口火を切ったその加賀の言葉に鈴木は思い出した!それだ!良く解りましたね加賀さん!と爆笑します。

何かに似てるってずっと気になってたんですよ~!と言う言葉を聞き、ハダカデバネズミが解らず検索する女性陣。

出て来たげっ歯類を見て、笑いをこらえ始めます。

その画像を覗いた麻衣もまた、鶏肉みたいですね、と短い感想を述べました。

気分を害するも、運ばれてきた唐揚げに気分を上げ、やっぱレモンでしょ!と大皿に一気にレモンをかける奈美。

鈴木はかけない派なんだから一言くらい確認してかけてくださいよ、と奈美を責めます。

しかし、細かい事言ってんじゃない、男らしくないよと言い返す奈美。

それを聞いた麻衣は、それは男も女も関係ないと思います、と口をはさみます。

皆さんで頂くものなので、まずはレモンを掛けてもいいか確認された方が良いと言う麻衣に皆頷きます。

唐揚げにレモンくらいの問題で…と狼狽える奈美に、レモンの問題じゃなく大人としてのマナーの問題と言う麻衣。

びしっと言い切った麻衣が正論過ぎて、みんな黙ってしまいます。

レモンの掛かってない方の唐揚げを見つけた麻衣は鈴木にその唐揚げを促し、喜んで唐揚げを取る鈴木。

けれど、奈美の機嫌は過去最悪なほどに苛立って居ました。

そこに遅れて山城がやってくるなりそわそわし始める奈美、しかし山城からの挨拶は無く、奈美はまた苛立ちます。

明らかに不機嫌な奈美に圧倒され、挨拶を述べたうえで奈美は新しい部署でどんな仕事をやるのかと聞く山城。

ところが奈美は良く解んないけど私は応用力があるからなんとかなる、と笑い飛ばします。

飲み会も終わり、結構飲んだなとくたびれている鈴木の肩を掴みもう一件行くぞと誘う奈美。

鈴木は明日営業で早いから勘弁してくれと逃げ出そうとしますが、奈美が飲みすぎて吐いてしまいます。

足を止めた鈴木に気を良くした奈美は、ちょっと休んでいくか、とホテルを指さし鈴木を引っ張ります。

けれどその表情にハダカデバネズミを思い出し、ぞっとする鈴木。

全力で奈美を振り切り、タクシーに乗り込むと、そそくさと去っていってしまいました。

数週間後、社史編纂室に配属された奈美は自己紹介でもベテランだから色々役に立てると思うといつもの調子。

盛り上がるでも盛り下がるでもなく、何となく暗い感じの面々が黙って拍手を送ります。

それを見て、会社のお荷物ってやつらか、と早速見下し始める奈美。

そして会社が自分を送った理由はこの部署を私に何とかしてほしいという事か!と思い始めます。

それならさっさと結果を出して元の編集部に返り咲いてやると算段し始める奈美。

嘱託社員の千堂光男は奈美の指導係をすると言い、よろしくお願いしますと挨拶をします。

冴えない爺さんが私の指導役?つまんね、麻衣は今頃編集部でチヤホヤされてドヤ顔なんだろうと考える奈美。

そんな上の空な奈美に千堂は、元の部署に比べれば地味だがここの仕事にやりがいはあると言います。

しかし奈美の知る社史編纂室の仕事の主な業務は社員紹介や慶弔報告を載せる社内報の編集。

やりがいもクソもない、元居た華やかな編集部が自分の実力を発揮できると言い出す奈美。

しかし千堂はそんな奈美に、自分の事が全くわかってないようだね、と言うのでした。

ワタシってサバサバしてるからの単行本最新刊を無料で読む方法とは!

【ワタシってサバサバしてるから最新話ネタバレ】 ワタシってサバサバしてるから5話ネタバレ!お荷物部署で初勤務!

編集部、奈美が居無くなって良かったですねー!

それにしてもハダカデバネズミって…いやでも似てる…(笑)

鈴木は寧ろ最初よくやることやれましたよね、もはや尊敬します…。

【次のお話】 ワタシってサバサバしてるから ネタバレ6話はこちら!

ワタシってサバサバしてるから 最新話 ネタバレ 感想 無料
最新情報をチェックしよう!