注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

離縁は致しかねます!32話ネタバレ!史子と瀬田が離れた理由とは

めちゃコミックで配信中の「離縁は致しかねます!」のネタバレ&感想をまとめてみました。

【前回のあらすじ】

心の片隅では瀬田と史子の事を考えてしまうと言う千春。

そして瀬田はついに、自分と史子の関係について話し始めます。

それは二人が学生の頃の話で…?

【離縁は致しかねます!最新話ネタバレ】離縁は致しかねます!32話ネタバレ!史子と瀬田が離れた理由とは

その後、約束をしたわけではないものの、二人の間にいつもの場所と呼べる所が出来ました。

そしてそこで逢瀬を重ねるようになる二人。

世間知らずな史子の幼さが、擦れていた瀬田の心を癒してくれるような、そんな想いを抱いていました。

ある日いつもの場所に行くと、はらはらと涙を流す史子に瀬田は驚きます。

父が縁談を持って来た、知らない男の妻になるなんて嫌だ、と泣く史子。

史子は瀬田と一緒になりたいと言い、瀬田もまた自分も同じだと答えます。

それなら父に行ってください、父も寛志さんなら許して下さるかもしれない、と史子は願い出ます。

瀬田も了承しますが、以前向けられた史子の父からの冷たい目を忘れられずに居ました。

あの目は許しはしないだろう、と。

だから瀬田は尋ねたのです、もし許しが出ないその時は、史子に家も全て捨てる覚悟はあるのか、と。

瀬田は今自分が学校を辞めれば、と考えていました。

その上で、いくらかまとまった金はあるから、どこか遠くでいちから二人やって行こうと。

心の中で亡くなった母に申し訳ありませんと言う贖罪の念を抱きながら。

しかしそこに史子の父が、居なくなった史子に対して怒った様子で迎えに来ます。

瀬田は史子の父に結婚の申し入れをしようとしますが、全て聞く前に父は瀬田を掴んで投げ飛ばします。

お前のような人間に娘をやるわけがないだろう、妾の子らしいじゃないか。

その言葉は瀬田の心を深くえぐりました。

一丁前に学校に通ってるらしいがその金もどこから出ているか解らない、と瀬田をなじる父。

何も知らなかった史子はえ…?と言葉を失います。

史子の様子がおかしいから瀬田の事を調べさせて解ったと言う父。

史子を使って自分の家に入り込もうとしたのだろうと話します。

卑しい男め、とまで言われ、瀬田は為すすべなく地べたにへたりこんでいました。

行くぞ史子、と言われた史子は戸惑った様子で寛志さん…と言います。

しかし瀬田に近づくことはなく、ごめんなさいと告げて父の行く先へ去って行ってしまいました。

それから瀬田がいつもの場所へ行くことは、二度となくなったのです。

史子もその後すぐに盛大な輿入れをしたと耳にはさむことになりました。

その頃の瀬田は母との約束を破り、学校すらも辞めてしまっていました。

史子と一緒に生きようと思った時、たった一時の感情で親からの最後の願いを簡単に破った。

そんな想いだけが瀬田の中に残っていました。

学校を辞めた、これからは残った金を元手に商いを始めようと思っています、と仕事仲間に話す瀬田。

そうか、まあ頑張れよと仕事仲間は瀬田の肩を叩きます。

…お前さ、そんな人相悪かったっけ、そう言われたときの瀬田は冷たい表情を浮かべていました。

まさか妻を助けてくれた縁で再会するとは、彼女とはもう会う事は無いと思っていたんだが。

瀬田はそういうと、な?何もなかっただろ?と千春に声を掛けます。

何も…なくなんてない、そう思った千春は瀬田に抱き着き、弱くなんてないと伝えます。

ごめんなさい、と言う千春に、何を?と返す瀬田。

しつこく聞いたりして、と千春は答え、そんな辛いことがあったなんて思いもしなかったと千春は反省します。

自分の不安を消そうとそればかりだった、と。

本当だよ、ふられたなんて情けない話あんたに知られたくなかっただけなのに。

何でもなさそうにそう言う瀬田に、この人が辛い時に側にいてあげたかったと千春は思うのでした。

【離縁は致しかねます!最新話ネタバレ】離縁は致しかねます!32話ネタバレ!史子と瀬田が離れた理由とは感想

何もなくはない、うん、なくはないですね…結構つらいお話でしたね。

次回は明るいお話だといいのですが…続きも楽しみです!

【次のお話】 離縁は致しかねます! ネタバレ33話はこちら!

離縁は致しかねます! 最新話 無料 読む 方法
最新情報をチェックしよう!