注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

離縁は致しかねます!1話ネタバレ!近づいてはいけない男との遭遇

めちゃコミックで配信中の「離縁は致しかねます!」のネタバレ&感想をまとめてみました。

【離縁は致しかねます!最新話ネタバレ】離縁は致しかねます!1話ネタバレ!近づいてはいけない男との遭遇

明治が終わり、時代は大正へ、不思議な事にこれまで何の不自由もなく生きて来られました。

でも、この先もそうだとは限りません。

だから災難の時が来ても、敬い、慈しみ合い、支え合えるような人と…なんて叶わない夢。

目覚めるなり、吉川千春は憧れた光景を夢で見て、冷静な気持ちに苛まれます。

おはようございます、と父と弟が座する食卓に参加する千春。

今日もお前は母親に似て美しい子だよ、と言う父に、もう子だなんて年じゃ、と照れ、どちらかと言えば父似と答えます。

28歳にして嫁ぎ先の無い娘をこんな愛おしんでくれる親は少ないのではないか。

地主の家に生まれ、何不自由なく育てられた千春は、無理に嫁がずとも生きていける立場でした。

けれどせめて、家を継ぐ弟のお荷物にならないようにと、願う千春は父にもう一度学校に通いたいと伝えます。

経営、つまり商売の仕組みを学びたい、いつか弟の進次郎の手助けが出来るかもしれないと話す千春。

父はそんな事女のお前が心配するもんじゃないと、言って、千春には必ずまた良い縁談を用意すると言います。

今夜工部省の本間様のパーティーに招待されてるんだ、千春も一緒に行こう、と言う父。

どうしてお父様がそんな方から招待を?と千春は違和感を覚えます。

かつて千春には許嫁が居ました。

それどころか縁談の話だって何度かあったのに、どれも上手くまとまらなかったのです。

理由は千春の背中に生まれた時からある痣でした。

父は気にすることは無い、伝える必要はないと言いますが、千春の中にある罪悪感がそれを許しませんでした。

縁談相手に話せば、子供に遺伝するのかと尋ねられ、それは無いと言っても後日には縁談が断られて来ました。

そんな繰り返しの度に、父に申し訳ない、そんな思いを千春は抱き続けていたのです。

後日、宣言通りパーティーに連れて来られた千春は、瀬田と言う男を知ることになります。

瀬田じゃないか、いったい誰が呼んだんだ、と誰かが言うと、本間様に気に入られてるみたいだと聞こえてきます。

皆が注目している事に、単純に凄いと圧倒され、ついつい見てしまう千春。

しかし父が、あの男に近づいちゃいけないよ、良くない商売をして成りあがった卑しい男だ、と言います。

父の知人も、いっぱしの実業家のような顔をしているが、所詮ただの妾の子だと話します。

そのくせ容姿も良いから男も女もコロッと騙される、噂では名家の力のあるご婦人に近づいて商いの根回しを…。

その話の途中で、私お手洗いに、と中座する千春。

こういう場所は相変わらず苦手だ、来るんじゃ鳴ったと月夜を眺めながら千春は、ぽつんと外に立っていました。

すると千春の耳に、見たか吉川の娘、と言う声に、あああれはもういい年だな、と言う会話が聞こえます。

あれじゃあ親が必死になっても縁談話なんてないはずだ、という言葉に、言われるのは解ってても胸が痛みます。

来るべきじゃなかった、と改めて思うと、お嬢さん、そんなところで寂しくないですか?と瀬田が現れます。

いえ、平気ですと言う千春に、私で良ければお話し相手に、と返す瀬田。

そのやりとりを見た先ほどの失礼な会話の主たちは、千春が居た事に気付きげっ、と顔をしかめます。

ですから…と言いますが、あの男に…と言われた父の言葉を思い出した千春は少しなら、と瀬田を受け入れます。

初めましてですかね、こういう場に来ると自然と同じような顔ぶれなので、瀬田と言います、と自己紹介する瀬田。

私は…話に上がっていた、いきおくれの吉川の娘です、聞こえてたでしょ、瀬田さんの事も父から少し聞きました。

そう千春に言われ、瀬田はお父様に瀬田に近づいてはいけないなんて言われてるんじゃ?と尋ねるのでした。

【離縁は致しかねます!最新話ネタバレ】離縁は致しかねます!1話ネタバレ!近づいてはいけない男との遭遇 感想

瀬田、千春が悪口言われてるの気づいて来てくれたんでしょうか?

もしそうなら優しそうにも思えますが…二人が今後どうなるのか楽しみですね!

【次のお話】 離縁は致しかねます! ネタバレ2話はこちら!

離縁は致しかねます! 最新話 無料 読む 方法
最新情報をチェックしよう!