注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

ライバル婚ネタバレ!22話 福子、ぶっ込みます!

めちゃコミックで配信中の「ライバル婚」のネタバレ&感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

コタツが届き、楽しくセッティングする福子と鬼塚。

福子は鬼塚との距離がいい感じになっていると感じていました。

福子のお休みの日、カフェからSNS投稿すると、鬼塚の元カノの皇さんがカフェにやってきます。

可愛くて甘え上手の皇さんにメロメロの福子。

鬼塚とお似合いの2人だと感じ、思わず口にしてしまいます。

それを聞いた皇さんは、鬼塚は誰のことも好きになれない人だと言いました。

前のお話】ライバル婚ネタバレ21話はこちら!

ライバル婚ネタバレ!22話 福子、ぶっ込みます!

ただいま、とマンションに帰ってきた鬼塚。

お帰り〜〜とコタツの上に鍋をセットして調理中の福子。

それを見てたじろぐ鬼塚。そして今夜は鍋だと聞いていたんだが・・と言います。

どっからどう見ても鍋でしょ!と反論する福子。

肉と豆腐が先に入れられているっ そしてツミレを今から?!と突っ込む鬼塚。

出汁の出るツミレは序盤に入れておかなければ・・肉と豆腐は沸騰してから出ないと食感が・・

とぶつぶつ言い出します。

それを聞いてあ〜〜もう〜〜!と福子。いいから着替えてきなさい!と追い出します。

理屈が服着て歩いとんのかっと福子が言うと、理屈は服を着ない!いや、しかし一人歩きという比喩はあるな・・と鬼塚。

はいはい、と背中を押しながらハァ〜〜もう〜バカみたい・・と思う福子。

バカみたいに・・楽しいなぁ。

こんなバカみたいな思い出、多分鬼塚さんとしか作れないよ、と。

しかし、良い裏切りだったな・・と鬼塚。ん?と福子が聞くと、

恵比寿さんは一人暮らし時代、外食と袋麺が主だと聞いていたから健康状態を懸念していたんだ、

それがこんなうまい料理を作れたとは・・と言います。

それを聞いた福子は箸を置いて、ごめんなさい、ラーメンの具を作っててくれたでしょ、

それなのに私プレゼン期間だからってピリピリして・・

距離取っちゃって・・美味しかったです、ありがとうと言います。

いや・・事前の漏洩を防ぐ意味で正しい判断だった、存在を許容できる環境作りを今後も模索する必要があるだろう、と鬼塚。

存在を・・許容・・? 鬼塚の言葉に福子の中で何かチリチリと音を立てます。

なにしろ、他人同士が同居するのだから、と鬼塚。

他人・・? その言葉にさらに動揺する福子。

皇さんの、肇は誰のことも好きになれない人だもんね、という言葉を思い出します。

一つ、聞きたいことがあるの、と福子。

私たちが結婚するとしたら、例えば私が・・鬼塚さん以外を好きになっても いいの?

福子の中でチリチリしていたものがさらに激しくなります。

それは、俺が制限することではないな、と鬼塚。

その言葉を聞いて福子の中のチリチリが弾け飛びます。

業務時間中。

もじもじしている福子に神野が話しかけてきます。

「おい、恵比寿、エ・ビ・ス」

耳元で囁かれて驚く福子。

お前、今我慢していることあるんちゃうか?と神野。

本当だ、ちょっとお手洗い行ってきます!と福子は慌ててトイレに行きます。

トイレで用を足しながら福子は鬼塚のことを考えていました。

鬼塚さんは仕事が辛い時の癒しだと感じていた、でも今は・・

仕事が愛されない虚しさの逃げ場になっている・・

いや、愛されてはいるよね!健康管理とかハンパない大事にされっぷりよね?

お見合いといえど結婚するなら恋愛視点でも相手を見るものだと思ってたけど・・

これが世にいう“恋愛と結婚は別“ってやつなのかな?

そんなことを思いながらトイレから出ると、同僚の芹沢さんが化粧直しをしていました。

今日は退勤ですか?と福子が聞くと、ごめんね〜、出張なのに日帰りしか出来なくて、と芹沢さん。

私泊まり出張好きですし、芹沢さんがいてくれて嬉しいですよ、と笑顔の福子。

芹沢さんはしばらく黙った後、本当に平気?・・神野くん、彼も泊まりでしょ?と言います。

一瞬の沈黙。

芹沢さん・・知ってらしたんですね・・すみません、あの当時は・・と福子。

安心しなよ、気づいていたの私くらいだったし、と芹沢さん。

あの、でも、もう過去のことですから、向こうも別になんとも思ってなさそうですし、と答える福子。

そうかな? 神野くんみたいなタイプって突然男の顔出してくるじゃない?

そんで恵比寿は今でも神野くんに押されたら嬉しいよね?と芹沢さん。

その言葉に顔を真っ赤にして動揺する福子。芹沢さんは続けて言いました。

もしも今夜関係を迫られたら、本当に断ること・・できる?

【ライバル婚ネタバレ!22話 福子、ぶっ込みます!感想】

鍋を一緒に食べながら、鬼塚と一緒の時間を楽しむ福子。

しかし、皇さんの言葉が引っかかり、鬼塚にぶっ込んだ質問をします。

鬼塚の答えはとてもドライでした。その返答を聞いて、福子の中で何かが切れてしまいました。

仕事中も鬼塚のことを考える福子でしたが、芹沢さんに神野のことを聞かれ、動揺してしまいます。

神野は元彼で福子のこともよくわかっているし、福子も未練がありそうで、危ない存在ですね。

鬼塚は福子のことをどう思っているのでしょうか。

そして、福子は神野を断り切れるのでしょうか・・?

最新情報をチェックしよう!