注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛す2話ネタバレ!ティナとキースは昔仲良しだった!

「望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛す」2話のネタバレ&感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

あるところに、リデアという悪いことをする国と、その隣国のバルディンという国がありました。

ふたつの国は戦争をし、リデアは敗北しました。

そこでリデアの王様は、少しでも地位にしがみつくために、娘のティナをバルディンの皇太子のお嫁さんとして差し出したのです。

リデアはとても残虐な国でしたので、ティナは誰にも歓迎されることはありませんでした。

もちろん、ティナの結婚相手であるバルディンの皇太子、キースファルトも結婚を良く思っていませんでした。

とにかくティナが何をしてくるか分からないので、愛し合うなどもっての外、警戒する気満々です。

さらにキースファルトには、仲の良い恋人がいたのでした。

望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛す1話ネタバレはこちら

【望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛す】望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛す2話ネタバレ!ティナとキースは昔仲良しだった!

時は遡り10年前のこと、キースはリデア国に人質として置かれていました。

さらにその世話係としていたのが、みすぼらしく幼い少女、ティナだったのです。

当時のティナはいつも頭巾を被っており、ボロボロの服で、いつもこき使われていました。

そんな時、キースの食事用のパンがいつからかひとつ増え、その分だけティナが痩せていくことにキースは気付きました。

キースは彼女にパンを差し出して、きちんと自分のは食べて、と声をかけたのです。

そんな彼のやさしさに触れ、ティナはある日、内緒で彼を裏庭に散歩に連れて行きました。

キースはとても喜び、ありがとうと言うとティナも不器用そうに笑いました。

そんな過去が2人にはありましたが、キースは覚えておらず、しかしティナはずっと覚えていたのです。

そうして、ティナは宮殿から1番離れた場所に部屋を移されました。

ティナのたった1人の召使いであるマリアは、ティナの扱いがあまりにもひどいのでプンスカです。

そんなマリアを、にこにことティナはみつめていました。

しかし相変わらず誰もティナに構うこともなく、食事もとても少なく、ひどいものでした。

それでもティナは、あたたかくておいしい食事を食べられることに心から感謝していました。

そうしてその夜、月を眺めながらティナは考えます。

きっとキースは昔のことを覚えていないだろう。

それでもいい。

彼の役に立てるようになりたい。

彼の笑顔を見たい。

その笑顔が、自分に向けられることがなくても、構わない。

望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛す3話ネタバレはこちら!

【望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛す】望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛す2話ネタバレ!ティナとキースは昔仲良しだった!感想

ティナ!!なんて健気な子なんでしょうか!?

いつか幸せになってほしいです……。

発売日以降、最新話のネタバレを更新するのでお楽しみに!

望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛す 無料 ネタバレ 最新話
最新情報をチェックしよう!