注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

三度のメシと、アレが好き。12話ネタバレ!【最終回】結ばれる槇とアンジー!


2021年10月1日発売・姉フレンド60号に掲載されている「三度のメシと、アレが好き。」のネタバレ&感想をまとめました。

三度のメシと、アレが好き。の単行本最新刊を無料で読む方法とは!

【三度のメシと、アレが好き。12話ネタバレ!【最終回】結ばれる槇とアンジー!

パーティー会場に現れ、あなたがハルミの人生を狂わる邪魔者ね…と言うオーナー。

初対面で辛辣な言葉を浴びせられ、アンジーの体に緊張が走ります。

槇も含め、3人で席に座り…ご迷惑をおかけしてすみませんと謝るアンジー。

続けて槇も、この問題にアンジーは関係ないと訴えますが…オーナーのユキコは返事をしませんでした。

料理が苦手だと言うアンジーに、気が合いそうねと言ったのです。

そんなあなたと対峙するなんて残念ね…と言うユキコに、またしても口を挟もうとする槇。

ユキコは槇に、黙っててちょうだい!ときつく言いました。

アンジーも槇を安心させる為、今日はユキコさんとお話したいと思っていたと胸の内を明かします。

そういう事なら何でも話してと言われ、借りたお金の返済をさせてほしいと言うアンジー。

槇さんが必死で立て直してくれたお店は続けたいと、頼んだのです。

それを聞いたユキコは、お金の問題ではなく…優秀な人材である槇がこの場所でとどまっている事に納得が行かないと返事をします。

今槇を縛り付けているのは、アンジーの存在だというユキコ。

今日ここに来た本当の目的も、槇を連れ帰る事だと明かしたのです。

急な話に、待ってください!と抗議する槇。

二人が口論をしている間、アンジーは黙っていましたが…。

突然、ありがとうございます!とお礼を言いました。

その言葉を聞き、唖然とするユキコと槇。

アンジーはずっと、槇にはいろんな事に挑戦してほしいと考えていたのです。

彼がいなくなったら寂しいけれど、槇の力になりたい…。

彼の代わりに、私がお店を守ります!とアンジーは笑顔で言いました。

パニックになり、思わず額に手を当て俯く槇…。

いつも冷静沈着な槇のこんな姿が見れるなんて…!と、ユキコは笑い始めたのです。

アンジーって最高ね!というユキコに、彼女を選んだことに後悔はしていないと断言する槇。

あとはあなた次第ね…と槇に告げ、ユキコと別れました。

残された二人は外に出て、夜風に当たりながら話をします。

アンジーがずっと抱えていた想いを、嬉しいと言う槇。

僕と離れて暮らす事に、アンジーは耐えられるの?と聞いてきました。

その問いに、わからないけど…と言葉を紡ぐアンジー。

可能性があるならやってほしいし、会いたくなったら会いに行きますよ!と微笑みながら答えます。

その答えを聞いた槇は、アンジーをギュッと抱き寄せました。

愛おしそうにアンジーを見つめ、条件があると告げる槇。

人妻にしておかないと不安だから、俺と結婚してくれませんか?とプロポーズをしたのです。

ずっと形だけの幸せを夢見ていたけど、この人となら一緒に歩んで行ける…!

そう思ったアンジーの目には、喜びの涙が溢れました。

よろしくお願いします…!とプロポーズを受け、二人は口づけを交わすのでした。

それから槇が渡米し、一年後のクリスマスイブ。

今日は槇が久しぶりに帰ってくる日なのです。

仕事が終わったアンジーは、ウキウキしながら家に帰りました。

すると、お帰り!と笑顔で出迎える槇…。

アンジーは嬉しさのあまり、槇の首に抱きつき離れようとしません。

お互い顔を近づけ、キスをした途端…。

槇から生姜焼きの匂いを嗅ぎつけ、アンジーは幸せそうな表情になりました。

アンジーのリクエスト通りに作った生姜焼きを食べながら、話をする二人。

再来年には新店を任され、日本に帰ってくるかもという嬉しい話をする槇。

ユキコもアンジーがお気に入りみたいだねと、笑っています。

生姜焼きをペロリと完食したアンジーに、デザートをすすめると…。

嬉しそうに、頂きます!と返事をしました。

アンジーは本当に、食べることが好きなんだねと言う槇。

突然、俺とごはんだったら…どっちを取る?と質問をしたのです。

アンジーはしばらく悩み、今はこっちです!と言い…。

槇の唇に、キスをするのでした。

三度のメシと、アレが好き。の単行本最新刊を無料で読む方法とは!

【三度のメシと、アレが好き。】12話ネタバレ!【最終回】結ばれる槇とアンジー!感想

オーナーのユキコが現れ、不穏な雰囲気になってしまいそうでしたが…。

アンジーのまっすぐ心が、ユキコの心も動かしましたね!

愛する槇のために、本当に自分がすべきことはなんなのか…しっかり考えていたのが伝わりました。

槇も普段とは違うアンジーに、驚いていました。

そして遂に、渡米前に槇からのプロポーズがありました。

このシーン、二人の表情がとっても素敵で…思わずときめいちゃいますよ!

その後の再会で、美味しそうにご飯を食べるアンジーもたまりません。

料理人なら、自分の作ったものを美味しく食べてくれるのが本望ですしね。

この二人なら、ずっと仲良くいられるだろうな…と思わせてくれるカップルでした。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!