注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

ママ、やめます〜余命一年の決断〜6話ネタバレ!倒れて気絶した恭子!

「ママ、辞めます〜余命一年の決断〜」6話のネタバレ&感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

初めての家族3人の旅行先で、3人はめちゃめちゃにはしゃいでいました。

3人は山を登り、途中の神社でお守りを買います。

お守りを選んでいる途中に、ふと恭子は体が痛みました。

それに恭子は気付かせないようにしますが、ことみも保も気づいています。

恭子と保はふたりでお団子屋さんに入りました。

そこで、恭子の体の異変には、もう保もことみも気づいているんだ、という話を保から聞かされます。

その頃ことみは、一人で絵馬を買い、母の病気が治ってみんな幸せになれますように、と書いていました。

そして雨が上がり、ふたたび3人で山を登り始めます。

とても急な階段で、ラストスパートですっかり保と恭子は諦めモードでした。

けれどことみに手を引かれ、3人は登頂したのです。

そこには、雨上がりの大きな虹が空にかかっていました。

みんな、満面の笑みで笑い合います。

そうして恭子はついに誓ったのでした。

私はこれから、治療にきちんと向き合う、と。

ママ、辞めます〜余命一年の決断〜5話ネタバレはこちらから!

【ママ、辞めます〜余命一年の決断〜最新話ネタバレ】ママ、やめます〜余命一年の決断〜6話ネタバレ!倒れて気絶した恭子!

恭子は夢の中で、ママ時代のイライラしている自分と出会います。

必死にママをこなす昔の自分は、孤独でした。

夢から覚めると、ことみはご飯を作り、保はおつかいから帰ってきてくれました。

そんな幸せに辿り着けたからこそ、恭子はボソリと言いました。

もし余命宣告をされなければ、こんなふうには過ごせなかってのかな。

その言葉に保は、1人で悩まずに巻き込んでくれてありがとう、と返しました。

次の日、3人で恭子の病気の治療法について医者に話を聞きに行きます。

そして恭子はその後、親友の朋絵と入院前にもう一度話すことにしました。

喫茶店に行き、恭子は昔の自分に会った夢のことを話します。

朋絵も言いました。

昔は自分もこんなにバリバリ働くなんて思ってなかったから、昔の自分に今の自分を自慢したいのかもなあって。

それを聞いて、恭子は納得します。

そうして朋絵は、また一緒に働こうよ、と恭子に提案しました。

未来のことを、朋絵は朋絵なりに一生懸命描いてくれたのです。

恭子はその誘いに乗り、微笑みました。

そしてやってきた入院当日。

やっぱり1人は不安だなあ、とこぼした恭子に、ことみと保は言います。

毎日お見舞いに行こうってことみと話してたんだ、全然大変じゃないし、心配だから絶対に行くよ。

それを聞き、恭子は勇気をもらえました。

そして玄関先で出る準備をしていると、牛乳激しい痛みが襲い始めたのです。

いつもと違うその痛みに、恭子は意識を失ってしまいました。

その場にいたことみは父親の名前を、大声で叫びます。

ママ、辞めます〜余命一年の決断〜7話ネタバレはこちら!

【ママ、辞めます〜余命一年の決断〜最新話ネタバレ】ママ、やめます〜余命一年の決断〜6話ネタバレ!倒れて気絶した恭子!感想

入院前に急展開です!!先が不安になってきましたね……。

このお話はどういう風なエンディングになるのでしょうか?どきどきしますね…。

発売日以降、最新話のネタバレを更新するのでお楽しみに!

ママ、やめます 無料 ネタバレ 最新話
最新情報をチェックしよう!