注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

ママ、辞めます〜余命一年の決断〜2話ネタバレ!15年ぶりの親友と再会した恭子!

「ママ、辞めます〜余命一年の決断〜」2話のネタバレ&感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

その日、恭子は病院に行きました。

本当は家族にもついてきて欲しいと頼まれていましたが、恭子は家族に言う気にもならなかったようです。

重苦しそうな顔で、先生は言いました。

あなたの命は、このまま治療をしなければ残り1年です。

治療しても完全に治るとは言い切れないし、お金もかかるし、少なくとも今までの生活には戻れない。

恭子の頭は真っ暗です。

お金もない、家事をする人はこれからどうする、2人はきっと自分に興味なんてない、孤独なまま、死んでしまうかもしれない。

そんな時、ふらふらと歩いていた恭子は、知り合いの美容師さんに偶然会います。

顔が真っ青だった恭子を心配して、美容師さんはお茶を出してくれました。

けれど、そこで自分の姿を見た恭子は、なんてひどい顔だろう、と思います。

そこで彼女は決意し、髪をバッサリ切りました。

恭子の気持ちが、段々と固まっていきます。

私は、これからお母さんじゃなくて、恭子という1人の人間として生きていきたい。

そして家に帰ると、やっぱり怠惰に過ごしている散らかり放題の家。

ついつい片付けたくなりますが、自分は家政婦じゃないんだ!と思い直します。

そんな娘のことみと旦那に向かって、恭子は宣言しました。

私は、余命一年。

あなた達の”お母さん”はもう卒業。

自分の人生だもの、自分のために過ごすから。

ママ、辞めます〜余命一年の決断〜1話ネタバレはこちらから!

【ママ、辞めます〜余命一年の決断〜最新話ネタバレ】ママ、辞めます〜余命一年の決断〜2話ネタバレ!15年ぶりの親友と再会した恭子!

余命宣告をされた次の日の朝、恭子は倒れたふりというドッキリを家族にしかけます。

ドッキリではありましたが、娘も旦那も本気で彼女を心配しました。

そして、その事実に、恭子はほっとしたのです。

その日、恭子は昔からの友達に会うことにしました。

友達の名前は朋絵といい、デザイナーの会社を独立させている素敵な女性です。

昔、2人は相棒を誓いあい、2人で会社を立てていくつもりでしたが、恭子はタイミング悪く妊娠してしまい、2人は長い間連絡を取っていなかったのです。

仕事の合間をぬって、朋絵が待ち合わせのカフェに来てくれました。

初めは少し緊張感のある空気がただよいますが、段々と2人は昔のように打ち解け合います。

そうして、恭子は病気のことを明かしました。

朋絵は驚いて涙目になりつつも、これを機に会えたことを噛み締め、恭子が自分らしく生きていくことを心から応援します。

そうして話の流れで、恭子は昔のように服を作りたい!という思います。

朋絵からスカーフをもらってルンルンで家に帰り、早速朋絵はガリガリとデザイン案を描いていきました。

そこに娘のことみが帰ってきます。

母に言われ、ことみは最初はしぶしぶデザイン案に協力しました。

けれど段々そんな母と過ごすのが、ことみは楽しくなってきたようです。

そこで、2人はその晩気になっていたピザを頼んでピザパーティーをしました。

その様子を、LINEでみた旦那は思います。

どうして余命宣告をされて、そんな楽しくふざけていられるんだ?

ママ、辞めます〜余命一年の決断〜3話ネタバレはこちら!

【ママ、辞めます〜余命一年の決断〜最新話ネタバレ】ママ、辞めます〜余命一年の決断〜2話ネタバレ!15年ぶりの親友と再会した恭子!感想

まだまだ全く自覚症状のない恭子……。

身の回りでも実際にありえそうな話で、他人事としては読み進めて行けないずっしりとした読後感がありました。

いのちのことを、もっともっと大切にしたいと思える漫画ですね……。

発売日以降、最新話のネタバレを更新するのでお楽しみに!

ママ、やめます 無料 ネタバレ 最新話
最新情報をチェックしよう!