注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

舞妓さんちのまかないさん221話数ネタバレ!2年目の夏休み!

2021年11月24日発売の「舞妓さんちのまかないさん」のネタバレ&感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

京都の8月1日、八朔の日。

黒紋付を着てお座敷に上がるすみれですが、幼馴染みの健太を想うあまり、踊りに集中できません。

その様子を心配する芸舞妓の義理姉、百子にはなにか考えがあるようで・・・。

【前のお話】舞妓さんちのまかないさん ネタバレ220話はこちら!

【舞妓さんちのまかないさん 最新話ネタバレ】221話 2年目の夏休み!

お盆休みにはいった舞妓さんたち。

皆、地元に帰省するため、浮き足立っている様子です。

みんなが出発する日のキヨの朝ごはんも豪華に登場。

栄養をつけて、いざ出発!という時、

自分は青森に帰らない。と宣言するすみれ。

じゃあ、自分も・・・。と、すぐに引き返すキヨ。

これは自分のワガママだからキヨちゃんは帰って。とすみれは断ります。

市のおかあさんは、屋形に誰もいない間どうするのか?とすみれに聞きます。

実は、百子姉さんに「夏合宿」のために、家に来るよう言われている、とすみれは返答します。

その場で聞いていた他の舞妓さんたちは驚愕しますが、すみれは自分が立派な舞妓になるため、気合十分です。

キヨたちは予定通りそれぞれの地元に帰省します。

今年は舞妓さんのうち、すみれだけが京都に残るのでした。

一方で、京都の銭湯では、健太がテレビの甲子園に釘付けになっています。

あとから銭湯に入ってきた洋食屋の健太の先輩は、その様子を見て少々呆れ気味。

先輩はどうしたんですか?と健太が聞くと、これからデートだから湯に入ると答える先輩。

さっきまでお盆休み中の中華屋さんを回って勉強していたから、髪に匂いついてるし。

という先輩。軽い感じの言い方なのに、仕事に対する真面目な態度が伝わります。

改めて先輩を尊敬する健太なのでした。

場面変わり、すみれのほうはついに百子姉さんの家に到着。

出迎えた百子のラフな洋服姿に思わずドキドキしてしまうすみれですが、百子は気にも留めず、すみれに中に入るよう促します。

よろしゅう、おたの申します!

と、勢い良く返事をするすみれ。覚悟の夏合宿が始まります。

【次のお話】舞妓さんちのまかないさん ネタバレ222話はこちら!

【舞妓さんちのまかないさん 最新話ネタバレ】221話 2年目の夏休み! 感想

地元に帰るキヨ。京都に残るすみれと健太。

それぞれどんな夏休みを過ごすのでしょうか?

夏休みが終わるころには、3人の関係も何かが変わっていたりして・・・?

週刊少年サンデーで連載中の「舞妓さんちのまかないさん」の次のお話は、2021年12月8日に発売される予定です。

発売日以降の最新話ネタバレもどうぞお楽しみに!

舞妓さんちのまかないさん ネタバレ 最新話 感想
最新情報をチェックしよう!