注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

舞妓さんちのまかないさん219話ネタバレ!屋形のゲストとキヨのごはん!

2021年11月10日発売の「舞妓さんちのまかないさん」のネタバレ&感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

京都の夏。祇園祭の季節。

青森にいた三人が、今年は京都で生活しています。

いつでも会える距離にいる三人ですが、それぞれの決めた道を京都で精進しているのです。

【前のお話】舞妓さんちのまかないさん ネタバレ218話はこちら!

【舞妓さんちのまかないさん 最新話ネタバレ】219話 屋形のゲストとキヨのごはん!

いつものようにお台所にいるキヨに、屋形のおかあさんが声をかけます。

京都の花街にいくつもある屋形のうちに、急にまかないさんが来れなくなったところがあり、その屋形の舞妓さんがふたり、ごはんを食べに来たのです。

だからお昼二人分追加ね。とおかあさんに言われ、キヨは急にやる気が高まります。

お客さんの舞妓さんふたりは、同じ年頃キヨがまかないさんであることに少し驚いているようです。

おかあさんに連れて行かれ、ふたりはキヨたちの先輩舞妓、鶴駒に紹介されます。

鶴駒の着ているものがジャージであることに驚くふたり。

屋形のおかあさんが、舞妓さんたちを自由にさせていることを実感します。

ごはんまで舞妓たちの自室に連れて行かれますが、そこでも雑誌を読む順番で競い合う、賑やかな光景が。

喧嘩?と聞かれ、鶴駒はいつもこんなだと答えます。

やがてみんなの会話になり、舞妓さんのひとりがお客さんのほうに、そっちのまかないさんはどんな人なの?と聞きます。

そう聞かれると、何もわからないふたり。

自分の屋形のまかないさんとそんなに話したことない。と言うと、

鶴駒は、もしかしてうちの屋形って変わってるのかな、、、。と思うのでした。

そして、お昼ごはんの時間。

キヨが急遽メニューを増やした、ボリュームたっぷりのごはんです。

市の屋形では、ごはんの席でみんな揃って「いただきます!」を言います。

その迫力におどろくお客さんのふたりですが、キヨのごはんには、おいしい、と素直に感想を言います。

食事のあと、食べた食器を持って舞妓さんたちはキヨの台所に行きます。

キヨに、食後の甘い物はないかと聞く鶴駒。

何かを作ってくれるらしいキヨ。

台所にお邪魔しているお客さん舞妓のふたりは、台所にたむろするなんて実家みたい、と思います。

キヨはデザートの、桃のシロップ漬けのバニラアイスのせをご馳走します。

すると、後から後から屋形の舞妓さんたちがデザートを食べに台所にやってきます。

賑やかな台所とキヨをお客さんのふたりは眺めていました。

屋形にお礼を言って帰るとき、キヨはふたりに夜ごはんのお弁当を渡します。

喜ぶふたりは改めてキヨにお礼を伝えます。

市の屋形は自分達の屋形とは全然違うが楽しかった。

今度、自分達のまかないさんに名前を聞いてみよう。

帰り道、ふたりはそんな話をするのでした。

【次のお話】舞妓さんちのまかないさん ネタバレ220話はこちら!

【舞妓さんちのまかないさん 最新話ネタバレ】219話 屋形のゲストとキヨのごはん!

キヨのごはんは相変わらず美味しそうですねー!

緊張していたお客さんもすぐに和んでしまう気持ちがわかります!

市の屋形の賑やかな様子も、すごく楽しそうでいいですね。

週刊少年サンデーで連載中の「舞妓さんちのまかないさん」の次のお話は、2021年11月17日に発売される予定です。

発売日以降の最新話ネタバレをどうぞお楽しみに!

舞妓さんちのまかないさん ネタバレ 最新話 感想
最新情報をチェックしよう!