注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

舞妓さんちのまかないさん212話ネタバレ!健太をキヨが看病する!

2021年9月8日発売の「舞妓さんちのまかないさん」のネタバレ&感想をまとめました。

2021年10月から、舞妓さんちのまかないさんは日本語版のアニメ放送が始まります!待ち遠しいですね!

祝アニメ化ということで、この機会にぜひ原作の単行本も読んでみてください♪

小山先生の描かれるやさしいお話と、どこか懐かしく心温まる絵は紙で読んでも変わらず最高です。

舞妓さんちのまかないさんの単行本最新刊を無料で読む方法とは!

【前回のあらすじ】

風邪をひいて倒れた健太。

周囲の人間にはバレませんでしたが、なぜかキヨとすみれが直感で気付きます。

そしてキヨとすみれはお見舞いに行こうとしました。

【前のお話】舞妓さんちのまかないさんネタバレ211話はこちら!

【舞妓さんちのまかないさん最新話ネタバレ】212話「健太をキヨが看病する!」

舞妓としての仕事があったため、健太の看病はキヨに任せたすみれ。

先程まで自分の心の中に迷いがあったことに、情けないと思っていました。

舞妓として働いているのにも関わらず、それをすっぽかそうだなんて、と彼女は不安げな表情をします。

ここまで心が突き動かされたことは、過去にはありませんでした。

そんなすみれに、理子が化粧を参考にさせてほしいと声をかけます。

理子は先日から「駒えみ」という新しい舞妓さん用の名前をもらったようでした。

すみれは彼女と話しながらお化粧をし、静かに考えます。

今の自分はすみれじゃない、舞妓の百はなだ。

鏡を見て紅をひいた彼女に、もう迷いの色はありませんでした。

その頃、高熱でぐったりとしていた健太。

ピンポンとチャイムが鳴った気がしますが、彼の意識は思い出の中へと落ちて行きます。

小さい頃、家族にすらバレなかった熱を、すみれとキヨはすぐに見抜いてきました。

どうして分かったのかと聞きますが、彼女らは当たり前のように何となく分かる、と言います。

なあんだ夢かあ、と目を開けると、なぜかそこにはキヨの姿が。

健太のおでこに手を乗せた彼女は、熱高いねとなんでもないように言いました。

後ろには、キヨの作ったおかゆが見えます。

自分の家族にはバレてなかったのに、なんで分かったんだよ、と健太が驚いていると、やっぱりキヨは言うのです。

なんとなく。なんとなく分かった。

【次のお話】舞妓さんちのまかないさんネタバレ213話はこちら!

舞妓さんちのまかないさんの単行本最新刊を無料で読む方法とは!

【舞妓さんちのまかないさん最新話ネタバレ】212話「健太をキヨが看病する!」感想

好きな人が起きたら目の前で看病してくれていた、と思うと結構ドキドキします……。

キヨは全く気にしていない感じがまた、小山先生の作品らしさ満点でかわいいですね!

週刊少年サンデーで連載中の舞妓さんちのまかないさんの次のお話は、2021年9月15日に発売される予定です。

発売日以降、最新話のネタバレを更新するのでお楽しみに!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!