注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

舞妓さんちのまかないさん205話ネタバレ!ついに先輩に名前で呼ばれた健太!

2021年6月30日発売の「舞妓さんちのまかないさん」のネタバレ&感想をまとめました。

舞妓さんちのまかないさんの単行本最新刊を無料で読む方法とは!

【前回のあらすじ】

千秋楽の最後の大舞台も終わり、すみれはいつもの台所に戻ってきました。

キヨの作るご飯を食べて、すみれはキヨに心の底から感謝の思いを伝えます。

【前のお話】舞妓さんちのまかないさんネタバレ204話はこちら!

【舞妓さんちのまかないさん最新話ネタバレ】205話ネタバレ!ついに先輩に名前で呼ばれた健太!

仲間達と甲子園に行こうと誓った、遠い健太の青春の日々。

選手として腕が使えなくなった彼は、今調理場で一生懸命にお皿を洗っています。

仕事帰りに留守電が入っていたので聞くと、キヨの声が聞こえてきました。

興奮冷めやらない!といった感じですみれの大成功を語るキヨ。

次にすみれが電話を代わり、足の怪我は問題なかったと健太に伝えました。

それを聞いて健太は、ほっと胸を撫で下ろします。

実はひそかに心配していたようでした。

彼は昔のことを思い出します。

監督が怖い顔をして健太に言っていました。

怪我のことを早く言ってくれていたら、一生投げられなくなるなんてことにはならなかったのに。

でも、あの日健太は自分の選択肢を後悔していませんでした。

あの時にしっかり自分を貫けたからこそ、すみれとキヨをちゃんと応援することができた、彼は思います。

その晩、健太が本屋さんで一生懸命料理の本を読んでいると、洋食屋の先輩がやってきます。

そして先輩オススメの料理本を健太に渡し、こう言いました。

お前の野球と同じで、この道は長いから覚悟しとくんだな。

翌日、厨房に先輩の声が響きます。

この日彼はようやく、健太を名前で呼んでくれました。

シェフはそんな2人の声を聞いて、ふっとほおを緩めます。

【次のお話】舞妓さんちのまかないさんネタバレ206話はこちら!

舞妓さんちのまかないさんの単行本最新刊を無料で読む方法とは!

【舞妓さんちのまかないさん最新話ネタバレ】205話ネタバレ!ついに先輩に名前で呼ばれた健太!感想

健太のがんばりやさんなところを認めてもらえたみたいですね!うれしいです!

これから健太がどんな風に料理の道を進んでいくのか、とても楽しみですね!

週刊少年サンデーで連載中の舞妓さんちのまかないさんの次のお話は、2021年7月14日に発売される予定です。

発売日以降、最新話のネタバレを更新するのでお楽しみに!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!