注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

舞妓さんちのまかないさん202話ネタバレ!すみれに最強の差し入れが届く

2021年6月9日発売の「舞妓さんちのまかないさん」のネタバレ&感想をまとめました。

舞妓さんちのまかないさんの単行本最新刊を無料で読む方法とは!

【前回のあらすじ】

お母さんから、理由も言えないのに怪我をしたまま舞台に立ちたいなんて我儘を言うな、と言われた百はな。

その頃、百子姉さんがこっそり健太に連絡を入れていました。

【前のお話】舞妓さんちのまかないさんネタバレ201話はこちら!

【舞妓さんちのまかないさん最新話ネタバレ】202話ネタバレ!すみれに最強の差し入れが届く

百はなが舞台に立てないことをお客さんにもお詫びしていかないといけないなあ、と話すお師匠さんたち。

本当は百はなを舞台に出してあげたいのですが、ここで彼女が無理をすることを手助けするわけにはいきません。

この街に生きる人間には、彼女を応援することはできないとお師匠さんは言いました。

控室で、すみれから少し離れたところで舞妓さんたちがヒソヒソ話をします。

あれだけ頑張っていたのに、出られないなんて悔しいだろうなあ…

でも百はなは未来を期待されている舞妓さんだから、ここで出るわけにはいかないだろうなぁ…

百はなはひとりで考えていました。

どうして自分は、こんなにもやけになって舞台に立ちたがっているんだろうか、と。

もうほとんど諦めている彼女に、差し入れが届きました。

差し入れは見覚えのあるラスク。

差出人は健太で、作ったのはキヨです。

すみれはラスクを見てぽろぽろ涙をこぼしました。

健太に電話をかけて百はなを応援するように頼んだのは百子姉さんです。

百はなは百子姉さんに頭をさげてお礼を言いました。

そして、差し入れの効果は抜群だったようです。

百はなはもう一度お師匠さんと話をしてくる、と言って部屋を出て行きました。

百子姉さんは思います。

この街には百はなの背中を押せる人間はいないと思っていたけれど…

いたみたい。この街にも2人。

【次のお話】舞妓さんちのまかないさんネタバレ203話はこちら!

舞妓さんちのまかないさんの単行本最新刊を無料で読む方法とは!

【舞妓さんちのまかないさん最新話ネタバレ】202話ネタバレ!すみれに最強の差し入れが届く感想

見慣れたラスクがこんなにも頼もしく思える日が来るとは……。

すみれが涙をこぼしたあと、目を潤ませたまま笑っている顔が印象的でした。

週刊少年サンデー連載中の舞妓さんちのまかないさんの次のお話は、2021年6月16日に発売される予定です。

発売日以降、最新話のネタバレを更新するのでお楽しみに!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!