注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き手帳〜49話(2)ネタバレ!壬氏に精力のつく料理が大量に届く

「薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~」49話(2)のネタバレ&感想をまとめました。

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~の単行本最新話を無料で読む方法を徹底調査しました!

【前回のあらすじ】

そうして、猫猫たちは子北州という北の方の、楼蘭妃の父親が治める土地へ馬車でやって来ました。

今回は、高順もお客様として呼ばれており、代わりに壬氏の付き人として高順の息子である馬閃(ばせん)が猫猫と共に行動します。

彼はなかなかに若く、態度もなんとなく荒いような、若いような、ソワソワしているような感じでした。

そしてどことなく、猫猫に対して良い感情は抱いていないようです。

そうして、猫猫たちは目的の街へ到着しました。

そこは随分後宮よりも涼しく、先祖代々帝が避暑地として訪れていたというのも納得です。

馬閃と猫猫が壬氏の部屋にいくと、なんと、壬氏が覆面をかぶって忍者のような姿をしていました。

猫猫はポカンとした顔で固まってしまいます。

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~49(1)ネタバレはこちら

【薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~最新話ネタバレ】薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き手帳〜49話(2)ネタバレ!壬氏に精力のつく料理が大量に届く

壬氏はつけていた覆面を取り、一息つきます。

長い旅に出ていたため、その国を崩さんばかりの美貌を隠していたようです。

さらに、偽名で呼ぶように指示もします。

顔を隠すのはわかるけれど、わざわざ名前まで変えるのはどうして?と猫猫は首を傾げました。

その理由を馬閃が説明しようとしますが、壬氏は、いつか私自身が猫猫に伝えるからそれでいい、とやめさせます。

猫猫が荷解きのために部屋を出て行ったあと、馬閃は壬氏に問いました。

どうしてあの娘に、あなたの本当の立場のことを明かさないのです?

しかし壬氏は言います。

いつか言う。それまでは絶対に口を出すな。

その夜、周りの人々はにぎやかに宴会を楽しんでいました。

けれど壬氏は部屋に閉じこもり、暑いのに窓も閉めきっています。

なぜかと猫猫が思っていると、運ばれてきた食事でその謎が解けました。

だされた食事は、どれも精力がつきそうなものばかりだったのです。

猫猫は平然と食べますが、馬閃が少し食べただけで鼻血を出して倒れるくらいのものでした。

そこまでして、壬氏と夜を寝ようとしている輩が山ほどいるということのようです。

猫猫は不思議に思います。

どうして?この男はタマナシなのに。

猫猫は、精力がつく食べ物たちを、残しては怪しまれるだろうと言い、次々とうまいうまいと食べました。

壬氏はずっと、どことなく居心地の悪そうな顔をしているばかりです。

そしてその夜、山中で怪しげな取引が行われていました。

取引相手は、小型の銃を持っているようです。

そして、あの人間には死んでもらう、と暗殺を企てていました。

薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き張〜50話(1)ネタバレ!

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~の単行本最新話を無料で読む方法を徹底調査しました!

【薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~最新話ネタバレ】薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き手帳〜49話(2)ネタバレ!壬氏に精力のつく料理が大量に届く感想

壬氏の身分とは一体…?皇帝の弟はやはり本当は壬氏なのでしょうか…?気になる展開が続きますね!

発売日以降、最新話のネタバレを更新するのでお楽しみに!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!