注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

国民ボタン~人類全滅計画~12話ネタバレ!

めちゃコミックで配信中の「国民ボタン」のネタバレ&感想をまとめてみました。

国民ボタンの単行本最新刊を無料で読む方法を調査しました!


【前回のあらすじ】

梅鉢の提案で黒ボタン狩りを利用して押下者を保護することに成功した梅鉢。

どうやら以前自殺と見せかけた家族も助けれていたようです。

あと数日にせまった判定の日。

一体どうなるのでしょうか。

【前のお話】11話ネタバレはこちら!


【国民ボタン~人類全滅計画~】12話ネタバレ!

老夫婦も助かり家族も助かり少し希望が持ててきたようです。

判定日は残り3日間となり、対策本部も少しほっとしていました。

田端もその一人。

喫煙所であと3日間かと一服していました。

そこへ話しかけてきたのが今回の救世主・梅鉢。

梅鉢さんは差し入れを持ってきました。

2人でコーヒーを飲みながら悪魔とはなんなのかをしみじみと話します。

一体何のためにこんなゲームを始めたのでしょうか。

残り1日となったときまた対策本部で最後といってもいい会議が開かれていました。

上層部の者たちもすっかりほっとしているようです。

終わってみればあっさりしたもんだという人がいるほどでした。

そんな彼らの安堵は国民にも伝わっていて東京・渋谷ではスクランブル交差点で集まって喜ぶ国民たちがいました。

また大阪・道頓堀でも大喜びで橋に飛び込もうなんて人たちもいます。

そんなニュースがテレビでも流れていました。

アナウンサーも期日を待つばかりといったところのようです。

そのニュースを部屋で見て以前ファミレスにいた男が冷めた目でドン引きしていました。

対策本部でも梅鉢さんのおかげといいつつも最後の最後まで気が抜けないといいます。

そのとき、緊急国民ボタン警報が鳴り始めました。

焦る対策本部の人たち。

急に増えだす、なぜなのかそれはまた数に余裕があるなたら念の為押しておこうという人々が押しているのです。

それは国民にも伝わり東京でも騒ぎ始めました。

そして学生たちもそれに敏感に。

それを察し、先生が押すなよと言い聞かせますが不安でたまらない学生たちは押してしまうのでした。

残り10分を切りましたが押下数の上昇が止まりません。

対策本部でももう焦りで怒りが止まらないようです。

しかしそんな揉めている人たちをよそに机の下で隠れて押している上層部の者たちもいました。

そして押下数は46%突破しています。

黒ボタンを押したホテルでも最後のお別れかのように家族が子どもたちと抱き合っていました。

なにかあったらお爺さんたちに頼ろうとお願いしていました。

あとは天に願うのみ。

残り10秒。

49%を越えました。

カウントダウンが始まります。

そして0秒!

一体このあとどうなるのでしょうか。

国民ボタンの単行本最新刊を無料で読む方法を調査しました!

国民ボタン~人類全滅計画~12話の感想

国民全員を巻き込んだデスゲームはまだまだ続きます。

ほんとうに恐ろしいゲームですね。

やっと見えてきた小さい希望。

梅鉢の提案で何人も助けることができましたね。

田端もまさかそんなハッカーすることができるなんて本当に素晴らしいですね。

一服する田端、あと3日といいつつまだ3日って感じですかね。

国の判断を決める人たちも大変ですね。

梅鉢はそんな田端に差し入れを。

堂々たるその姿やほんとうに救世主です。

2人で一服していますが、そもそも悪魔の目的とは一体何なのだということを考え出しました。

確かに目の前のことにずっと精一杯でそもそもを考えないとですよね。

今のゲームが終わったとしてもまた続くかもしれない、それは永遠に。

だったら根本を突き止めないとという気になりますよね。

そんなことを考える2人はさすがですね。

そして対策本部もすっかり安堵モード。

それは国民にも伝わり、国民たちを大盛りあがりです。

しかし、なんかそんな安心しきるとちょっと嫌な予感がしますよね。

安心しきるのも良くないよと思っちゃいますが。

そんな中、梅鉢はやはり最後の最後まで気が抜けない様子です。

やはりそこはぶれないですね。

しかしそんなとき緊急事態が。

急激に黒ボタンが増加してしまいました。

残り10分で46%に増加していました。

ざわつく対策本部、そして国民たち。

その不安によってまた増加してしまう押下者。

不安はこのような負の連鎖を生むんですよね。

黒ボタン押してしまった人はすぐさま殺されてしまいます。

そんな恐ろしい光景がこの世にあるのでしょうか。

残り10秒ついに49%に。

こういう恐ろしいハラハラ漫画こそ誰かと共有したいですよね。

一人で夜とかに読むと怖いから誰かと分け合いたいと思っていまいます。

でもやみつきで次は次はと読んでしまう癖になるような作品ですね。

今後は一体どうなるのでしょうか、気になるところです。

国民ボタン ネタバレ 最新話 感想
最新情報をチェックしよう!