注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

危険ないたずら2話ネタバレ!不審者の正体

めちゃコミックで配信中の「危険ないたずら」のネタバレ&感想をまとめました。

危険ないたずらの単行本最新刊を無料で読む方法を調査しました!

【前回のあらすじ】

希少ヶ丘町では犬の惨殺死体や不審者情報があいつぎ、

希少ヶ丘小学校では緊急事態として生徒達に帰宅するよう伝えていました。

小学校には希少ヶ丘を支配するほどの富豪の白河家執事がリムジンでお嬢様達を迎えにきます。

そのお嬢様は亜子と理子という姉妹でした。

しかし、2人は密かに学校を抜け出し遊びに出かけます。

亜子達は朝から晩まで見張られている屋敷を地獄だと考えていました。

公園で楽しく子猫と触れ合っている2人のもとに不審な男が近づいてきます。

2人は縛られ、男が運転する車で運ばれていました。

【前のお話】 危険ないたずら1話はこちら!

危険ないたずら2話ネタバレ!不審者の正体

車は山中を走っていました。

男はバックミラーに映る2人を見ながら話しはじめます。

なぜっていう顔をしているな、いいだろう、

目的地に着くまで時間がある、教えてやるよ。

そう言って男は唇を強く噛みました。

お前らが悪いんだ・・・お前らがっ・・

俺には父親がいなかった、幼い頃から母親と2人暮らしだった

裕福ではなかったが、ひどく貧しくもなかった

それは母親が1人頑張って働いていたからだ

連日朝から晩まで働いて、俺を大学にも通わせてくれた

俺は勤勉な学生だった、母親に少しでも楽な思いをさせてあげたくて死に物狂いで勉強した

その甲斐あって超一流企業の白河物産の本社に就職できた

これで母親に恩返しができる・・そう思ったのに・・・

俺の上司はとても理不尽な人間で、目をつけられた俺は何かにつけ罵声を浴びせられた

仕事に行くたび出来の悪い品だとラベルを貼られているような

そんな最低の日々が続き、ついに俺の体と心は壊された

仕事のできなくなった俺はあっさり解雇、地元に帰るもここは白河家のお膝元

無様な解雇話はすぐに広がり、みんなが俺を負け組と噂した

それを理由に再就職もできず、何もかもうまくいかないまま日々が過ぎていった

いつの間にか母親もいなくなり、俺の手元には何も残っていなかった

その時目に映ったのは、白河一家の幸せそうな記事

幸せそうにしやがって・・どうしてお前らだけ笑っている・・!

俺は決めた、お前たちの幸せを奪って俺と同じ場所に引きずり下ろしてやる、と。

男はそこまで話すと車をとめ、亜子と理子の方を見て言いました。

この世は理不尽だから、仕方がないことだと諦めてくれ、と。

その頃白河家では執事がSPの男を問いただしていました。

2人はまだ見つからないのか、旦那様に知られたら・・・!

その時、電話が鳴り響きます。

執事が電話をとると、受話器の先からノイズが聞こえてきました。

あの、ご用件は一体・・? 執事が話すと、相手が答えました。

白河家のご息女2人を誘拐させてもらった、と。

驚く執事は ゆ、誘拐!?ふざけたことを・・!と叫びます。

相手は 信じられないなら結構、再会は二度と叶わないだろう、と言います。

待て、切るな、何が目的だ・・!?と執事。

すると相手が答えます。

当然、金、だ、金額は指定しない、娘2人の価値をお前らで決めろ

いくら払えるかそれが唯一の誠意の見せ所だ・・・

執事が我々使用人では判断できない、旦那様に相談する時間を・・と言うと、

相手はまたかけ直す、と言って電話を切ります。

逆探知の準備はできたか、と警察の指揮官らしき男が確認しています。

白河家には警察が入り、捜査手配を始めていました。

そこへ白河の旦那様が帰ってきます。

旦那様に頭を下げる大勢の使用人たち。

旦那様は部屋に入るなり、亜子と・・理子は・・!と叫びます。

指揮官らしき男は冷静に、捜査一課の支那森です、現在総動員で捜査にあたっておりますと説明します。

そんなことはどうでもいい、娘たちは、犯人は一体・・!と取り乱す旦那様。

今のところ犯人からの接触は一度のみでして、と支那森。

逆探知の準備もバッチリです、白河様はできるだけ犯人との会話を引き伸ばしてください、と伝えます。

そこへ電話がかかってきます。

慎重に受話器をとり、もしもし?と言う旦那様。

おや?先ほどと声が違うな、ようやく社長様のお出ましか?と相手。

そ、そうだ、と旦那様。 では約束通り娘たちの金額を・・と相手が話すと

旦那様はその前に2人の声を聞かせてくれ・・!と頼みます。

受話器の先からは亜子がパパ、助けて!と叫んでいます。

亜子か、大丈夫か!?理子は?と聞く旦那様。

りこも一緒、今は2人とも縛られてて・・と亜子。

すると、余計なことまで喋るな!と罵声が飛び、亜子を叩いているような音が聞こえます。

亜子!?頼む、子供たちには手を・・・!と旦那様。

それはあんたの誠意次第、さあ金の話に戻ろう、教えてもらおうか、娘の価値を・・!と相手。

金額は・・・と苦しそうに話す旦那様。

その頃、捜査一課の警察官2人は誘拐された現場に来ていました。

通報があったのはこの辺りか? 近隣住民が小学生の女の子たち2人を見たと・・

近くの駄菓子屋でお菓子を買って行ったという証言もあります、と話しています。

公園のベンチには駄菓子のゴミが散乱していました。

どうやらここが誘拐現場で間違い無さそう・・と話す警察官。

すると、もう1人の警察官が植木のそばで立ちすくみます。

どうした?何か発見したのか?ともう1人が近づくと・・

そこには、子猫が切り刻まれた惨殺死体がありました。

まさか、ここ最近起きていた動物殺傷も・・?と警察官。

いや、誘拐目的のヤツがこんな・・これは本当に犯人の仕業なのか・・?

白河家では逆探知に失敗していました。

使用人達が話をしています。

旦那様、水もろくに喉を通らないらしい・・2人一緒に誘拐するなんて

「かわいそうに」と使用人達。「本当に同情するよ」

その頃。

亜子と理子はスマホを持って笑っていました。

スマホの先には、手錠をかけられ椅子に縛られた男の姿がありました。

【次のお話】危険ないたずら3話はこちら!

危険ないたずらの単行本最新刊を無料で読む方法を調査しました!

【危険ないたずら2話ネタバレ!不審者の正体 感想】

亜子と理子を誘拐した男は、元白河物産の社員でした。

母子家庭で育ち、大学まで行って一流会社の白河物産に入社したものの、

理不尽な上司に心も体も壊され、地元に戻ってからもダメ人間のレッテルを貼られ、

恩返しをしたかった母親もいなくなり、自暴自棄になっていました。

そして見つけた白河家の幸せそうな記事。

白河家を自分と同じ不幸にするため、白河家の娘2人を誘拐します。

男の状況には同情する部分もありますが、関係ない幼い少女を誘拐するとは

かなり自分勝手で危ない人間に思えます。

しかし、最後の亜子と理子の状況がかなり謎の状態です。

なぜ2人は笑っているのか、そして手錠をかけられた男はもしかして・・?

続きが非常に気になります。

危険ないたずら 無料 最新話 ネタバレ
最新情報をチェックしよう!