注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~236話ネタバレ!石上と伊井野はいい雰囲気に?

2021年12月3日発売の「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」のネタバレ&感想をまとめてみました。

【前回のあらすじ】

伊井野と送っていくことになり、そのまま家を訪れることに。

伊井野のあざとさに石上はどう出るのか!?

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~235話


【かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~】236話ネタバレ!石上と伊井野がいい雰囲気に?

今回のお話も前回に引き続き石上と伊井野のお話です。

伊井野の部屋の誘いに断れず、入ってしまった石上。

いい雰囲気になるのかと思いましたが、かぐやの話を冷静にする伊井野。

現状の生徒会について話し、会長も日本にいるのも残りあと1ヶ月もないし、色々忙しいだろうし、藤原先輩も来なくなりました。

夏が終われば生徒会も石上と伊井野2人だけになるのです。

そう、真面目な話をする伊井野ですが、手はまさかの石上の手の上に置いています。

石上はもちろんそれどころではありません。

真面目な状況の中、石上の意識半分以上は触れ合っている手の方にいってしまって話の半分も入ってきません。

そしてこれは良いムードということなのか、手を繋いでるからそうなのかと頭の中で考えます。

しかし、伊井野は手を繋いだまま澄まし顔で生徒会の話を続けます。

すると伊井野がご飯食べていと石上に問います。

そして立ち上がってキッチンの方へ。

チンすればあると相変わらず澄まし顔の伊井野。

離れた手を石上はドキドキしながら見つめています。

すると戻ってきた伊井野はまた石上の隣に座り、手を繋ぎ戻します。

それに素直に喜ぶ石上。

伊井野がストーカーの不安から手を繋いだだけでサービスタイムは終わりかと思っていましたが、またできることに歓喜しています。

石上は女子と手をつなげている状況にドキドキが隠せません。

伊井野は真面目な話をまた続けます。

石上は生徒会を来期も続けるのかという問いにわからないと応えます。

それもそのはず。

学校が息苦しくて居場所が欲しくて入った生徒会でしたが、今は生徒会以外にも居場所をあるのです。

もう学校が息苦しいとは思わなくなったようです。

それを聞いて無理に続けなくても良いと伝える伊井野。

伊井野はずっと生徒会長になりたいという信念があって入ってきているのではっきり続けると宣言します。

それに純粋にすごいと思った石上はナチュラルに伊井野の頭をポンポンします。

伊井野は少し弱気になり、そもそも自分の信念が正しいのかと弱音を吐きます。

そんなときでも石上は髪サラサラな伊井野の髪のことしか考えていません。

全く話は聞いていないようでしたが、なんとか話は噛み合ったようです。

寂しがり屋だからと伊井野に言うと、伊井野は石上の胸に寄りかかります。

もっと甘やかしてほしいとかわいくおねだりしました。

すると石上の頭の中にはワンチャンという文字が。

つばめ先輩に手を出さなかったことを悔いていた石上は次の機会があったら、迷わずすると決めていたのです。

伊井野をぐっと引き寄せます。

そこから少しの沈黙の末、ついに見つ合う2人。

そしてついに・・、と瞬間石上の携帯が鳴ります。

後で掛け直そうと切ろうとするも着信相手に驚き。

かぐやだったのです。

そして一方的になにかを伝えて切るかぐや。

かぐやは秀知院学園を辞めることになったと伝えたのでした。

【次の話】かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~237話はこちら!

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~236話ネタバレ!石上と伊井野はいい雰囲気に?の感想

ついに!石上×伊井野の進展がどんどん進みますね。

最初はおや普通に真面目な顔で生徒会の話しているだけか、大切な話ですもんね、と聞いていたらまさかの手を繋いでた!!!という衝撃展開でした。

伊井野やりますね、さすが裏ヒロイン。

あざとさがすごい、攻め方が強いですね。

澄まし顔で真面目な話になんとかついていこうとする石上ですが、やはり男子高校生。

もうそこにしか意識がいっていないですよね。

石上こそ今までの女子との、まぁつばめ先輩との交流はややありましたがそれ以外はほぼないのでそんな触れたもんならドキドキがとんでもないですよね。

そんな石上もとってもかわいいです。

個人的には本当に石上を推しているのでもう頭の中でそんなこと考えているなんてかわいくて仕方ないですね。

でも大事な話ですからね、生徒会について。

よく考えるともう夏になったら先輩たちはいなくなって2人だけの生徒会になるのですから。

新しいメンバーが入ったりしてももうあのときのメンバーには戻れないですからね。

たしかにそのことを考えると切ないかも。

でもでも石上からしたら今じゃないしもう頭がいっぱいいっぱいのでようですね。

伊井野は自分の信念があって生徒会に入ってきているのでやはり生徒会をこのまま続けるのは明白です。

かぐやがいなくなって過疎化した生徒会はやはりかぐやが中心になっていたのでしょうね。

自分が思うよりかぐやは人に好かれてしたということがわかりますね。

石上はもうトラウマを克服して生徒会以外でも居場所があるので生徒会にいる意味はたしかにないですが、個人的にはいてほしいところですね。

伊井野もきっとそれを心のどこかで思ってはいるはずですが。

中々難しいのですかね。

そしてあざとさMAXの伊井野ミコは寂しいと理由に石上に寄りかかります。

勇気を出したんだなと思うと胸がキュンとなりますよね。

とにかくかわいい、というか2人とも尊いです。

それに過去の後悔を思い出し伊井野を引き寄せた石上。

つ、ついにというか好きとかの前に先にキス!?と思いましたが、さすが漫画。

こういう肝心なところで電話が鳴りましたね。

まさかのその相手はかぐやでした。

まさかの秀知院学園を退学!?

そんなぁ!まさかのタイミングで衝撃の電話がかかってきてしまいましたね。

一体どうなるのか。

次回からはまたメインのお話に戻りましたね。

あと1ヶ月足らずで会長もいなくなってしまいますしね。

今後の展開がとっても気になります。

週間ヤングジャンプで連載中の「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」の次のお話は、2021年12月10日に発売される予定です。

かぐや様は告らせたい ネタバレ 最新話 感想
最新情報をチェックしよう!