注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

呪術廻戦163話ネタバレ!東京第一結界!虎杖VS日車

2021年10月25日発売の「呪術廻戦」のネタバレ&感想をまとめてみました。

呪術廻戦の単行本最新刊を無料で読む方法とは!

【前回のあらすじ】

虎杖と伏黒はそれぞれバラバラになり、戦闘する。その後、新たなプレイヤーと出会い、日車の場所を問うもそれぞれ違う場所を示していて…!?

呪術廻戦162話ネタバレはこちら

【呪術廻戦】163話ネタバレ!東京第一結界!虎杖VS日車

甘井の少し過去に遡ります。

甘井は処世術に長けた男でした。

ある日の場所で知人がいじめられていた頃を思い出していた。

甘井は何をするでもないが、いじめられる側、つまり狩られる側の容量の悪さを遠くから傍観していた。

いじめる側、狩る側の奴らは勉強も運動もパッとするわけでもないが、プライドだけは高いのです。

狩られる側はその辺を傷つけずに接さなければならないのです。

でも、そんなこともわかるはずもありません。

自分には世渡りができるから、周囲から浮かないように自分の気持ち誤魔化して生きていました。

しかし、虎杖は違ったようです。

その一般人が作り出した世界など一瞬で打ちのめすような男、それが虎杖でした。

虎杖はいじめられていたその男を助けるために、いじめっ子たちをボコります。

そして一通り、ボコった後、傍観していた甘井に睨みつけながらアンタは?と問うのでした。

一方、伏黒たち。

麗美は前回、日車の居場所を新宿といっていました。

麗美は池袋から新宿と通ることを他のプレイヤーとの遭遇率が上がるため避けようとします。

しかし、麗美は一旦自分の拠点でシャワーを浴びたいと伏黒を誘導するのでした。

そして甘井。

彼は日車の居場所は池袋と伝えていました。

すでに日車の拠点に到着し、劇場を指差していました。

さっそく劇場へと行こうとする虎杖に本当に行くのかと止めに入るも、急ぎだからと突き進みます。

甘井はなにか言いたそうですが、虎杖にごめんとだけつぶやくのでした。

また伏黒たちです。

麗美の拠点の中で入ると、レジィと名乗る男が伏黒の前に立ちはだかります。

伏黒が麗美に騙されたことをバレると、即座に切り替えて臨戦態勢になりました。

虎杖はさっそく風呂にスーツのまま入る日車を発見しました。

淡々とどうでもいい話を話す日車ですが、虎杖は日車であることを確認します。

会話ができる点から、受肉した過去の術師ではなく、術式が開花した現代の術師だと考え、

さっそく死滅回游を終わらせたいという目的を伝えます。

しかし、日車は断ります。

日車は死滅回游に可能性を感じているようです。

死滅回游のルールを犯した者に罰が与えられる、不正や悪に正当な罰が与えることができると考えているようです。

そのルール二と八にある術式の剥奪に非常に興味を持っています。

虎杖はそれを聞いて、戦闘モードへ変更。

気に入らない奴らをブチ殺したことがあるか、気持ちいいぞという日車を戦闘モードにスーツのネクタイを締め直します。

そして術式を発動させます。

【次の話】呪術廻戦164話はこちら!

呪術廻戦の単行本最新刊を無料で読む方法とは!

呪術廻戦163話ネタバレ!東京第一結界!虎杖VS日車の感想

甘井と虎杖の過去から始まりました。

いじめられていた男の子を迷わず助ける虎杖は昔からかっこいいですね。

周りに流されないというか相変わらず凡人ではなかったですね。

いじめる側の方はボコボコにされてしまいましたが。

甘井がどういう経緯でこの世界に入ったのかはわかりませんが、甘井はかなりの世渡り上手のようですね。

ただ、そのいじめ、いじめられの様子をただ傍観する、思っているだけというのは凡人になるのでしょうか。

甘井は相手がどんなことを求めているのか、どんなことを言ったら傷つくのかという性質がわかるようですね、それは術式を関係があるのかは謎ですが。

その相手によって接し方を変えていたのでしょう。

凡人ではない虎杖に感じていたのは恐怖と憧れといったところでしょうか


そして伏黒たち。

麗美と甘井、それぞれ言っていたことが違ったのでどっちかなと思いましたが、やはり前回の最後にちょっとニヤっとしていた麗美が裏切り者でした。

レジィというだいぶキモめの男。

雑魚感すごいですけど、少しは強いのかな。

伏黒の戦いっぷりがまた見れると思うと楽しみですね。

本人がすぐに戦闘モードになったことから瞬殺してほしいぐらいです。

なぜなら見た目がキモいから。

そしてついに日車の登場です。

前から日車は登場していましたね。弁護士としての日車をは正義にまっすぐでしたが、悪を倒せない世の中に嫌気が差したのでしょう。

虎杖に気に入らない奴らをブチ殺したことがあるか、気持ちいいぞと言っている点からおそらくそのときの気に入らない奴らは皆殺しにしたのでしょうね。

そこから人という枠から出てしまったのだと思います。

虎杖もまず話し合いをしようとしていましたが、その死滅回游自体に興味が湧いているので根本的に混じり合えないですね。

残念ながら戦うしかないということでしょう。

個人的にスーツキャラはナナミンだけでいいのでさっさと倒してほしいですね。

虎杖VS日車の戦いっぷりが見れるのも楽しみです。

日車の術式的に背後にいた謎の物体を扱うと思われます。

パンチとか効くのかな。

虎杖が近距離型なので、なんかかなり策略家そうな日車と相性いいのでしょうか、不利になってしまわないかと心配になります。

呪術廻戦のこの作品は一緒の術式がほとんど出てこないので、毎回どんなのが出るんだろうっていうの楽しみがありますよね。

さて、今んとこ負け無しの虎杖。

どんな戦いになるのか今後の展開に期待です。

週間少年ジャンプで連載中の「呪術廻戦」の次のお話は、2021年11月1日に発売される予定です。

呪術廻戦 ネタバレ 最新話 感想
最新情報をチェックしよう!