注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

呪術廻戦162話ネタバレ!東京第一結界!ゲームスタート!

2021年10月18日発売の「呪術廻戦」のネタバレ&感想をまとめてみました。

呪術廻戦の単行本最新刊を無料で読む方法とは!

【前回あらすじ】

伏黒と虎杖はついに死滅回遊の扉へ!

目的の確認をして、いざ扉を開けましたが、さっそくバラバラに。

死滅回遊のルールとは別に結界自体のルールに振り回されます。

そしてそっそく離れた2人をプレイヤーたちが襲いかかってきます。

呪術廻戦161話ネタバレ!

【呪術廻戦】162話ネタバレ!東京第一結界!ゲームスタート!

虎杖VS羽場の注目の一投からさっそくゲームがスタートしました。 

まず虎杖が羽場の頭部についているプロペラに攻撃。

そのまま体制を崩した羽場の足をつかみ、ビルに叩きつけました。

羽場は虎杖を舐めていたのか、その圧倒的身体能力に驚き、恐怖を感じます。

そして、一旦羽場のプロペラ攻撃の動きを読み、自分を殺すためには下に降りるはずだと建物の中で待ち伏せすることに。

しかし、羽場はその虎杖の行動を見て、プロペラの強度を最大にあげてビル自体を壊して虎杖に突撃してきます。そして待ち伏せしていた虎杖に近づきました。

虎杖は冷静です。

前回の飛行機の女の弱点からプロペラの頭頂部に弱点があると確信した虎杖。頭頂部は急所のためかなり固くなっているようですが、かち割れればいいと近づいてきたプロペラの頭頂部に拳でパンチ。

虎杖は力を入れていたのか白目になっています。

拳が砕けたかという羽場ですが、虎杖の拳はなんとか無事でした。

そのまま気絶する羽場でした。

虎杖は日車の居場所を聞きたかったようですが、羽場は倒れてビクともしません。

羽場を起こそうか迷っていると、虎杖のことを知っているような素振りを見せていた甘井が虎杖に話しかけます。久しぶりと甘井は挨拶しますが、虎杖は覚えていない様子。

虎杖と甘井は地元が同じで、虎杖は地元でも有名人で西中の虎と呼ばれていたようです。

そのダサい異名に恥ずかしがる虎杖でした。

一方、伏黒は相変わらず麗美と共に行動中。

麗美は過去の術師でないはないようです。

死滅回遊で戦う理由としてヤラなきゃ殺られるからだそう。

過去の術師に触発されて、現代の術師も戦闘モードに入っていることが判明。

麗美はそんなことを話しながらどこかへ向かっているようです。

どこへ向かっているかを伏黒が問いますが、まだ麗美は伏黒を信用していないようで明かそうとしません。

自分が日車の場所を教えた後に殺すかもしれないからです。

愚痴愚痴という麗美に伏黒は着く前に麗美が死ぬ可能性もあるとツッコミます。

それ対して、伏黒が麗美を守るという約束の話を持ち出します。 

そして、虎杖と天井もどこかへ向かっているようです。

自己紹介をしながら、日車の場所を教えようとします。

強いやつはほど栄えていたところに集まるという甘井が示す日車の居場所は池袋。

その頃、麗美が明かす日車の居場所は新宿でした。

それぞれ違う場所を伝えていました。 

薄暗い部屋の中である男が、カモを連れてくることを今か今かと心待ちにしていました。

【次のお話】 呪術廻戦のネタバレ163話はこちら!

呪術廻戦の単行本最新刊を無料で読む方法とは!

呪術廻戦162話ネタバレ!東京第一結界!ゲームスタート!の感想

ついにゲームがスタートしましたね。

羽場というまた頭にプロペラがついている変わった風貌の男。

ドラえもんか?と突っ込みたくなりましたが、そこは置いておいて。

2人の戦い!正直、虎杖があからさまに雑魚っぽい男に負けるはずがないと思っていましたが、予想より早く倒していましたね。

虎杖も相当強くなりましたね。

宿儺の力に頼らずとも、ひとりの術師として確実に成長しています。

あとは毎回冷静に考えていますね。

相手の行動を読んだりと、試合を客観的に見ているところも成長を感じます。

相変わらずパワープレイなところはありますが、これからゲーム中、虎杖の戦いっぷりをたくさん見れると思うと楽しみですね。

 そして甘井。虎杖ってやはり地元でも有名人だったんだ。

今まで明かされなかった虎杖の過去を知れて嬉しいです

呪力がなかったのにも関わらず、あれだけのとんでもないパワーと頑丈な身体をもっっているならば、そこらで有名になるのは当たり前ですかね。

それにしても、そのついた異名が西中の虎。

たしかにダサい!本人は知らなかったようですね。

相変わらず無頓着。

やっぱり虎杖で昔からそういう自覚がないだけで男女問わずモテてていたような気がします。

むしろ、リア恋勢は五条先生より虎杖のが多かったのでは?と思ってしまいます。

ちょっと気になるところは虎杖の顔の傷。

徐々に治ってきてはいるけど、もう治らないのかな。

ずっとこのまま変に傷とかにリアルなのがこの作者なんですよね。でも、せっかくのお顔が!と思いました。 

そして伏黒。なんだか最近かわいくてスタイルもいい女の子が増えてきましたね。

これは人気になりそうな予感ですね。

個人的には今のお話に出ている麗美ちゃんすごく好みです。

見た目もかわいいし、口調もツンケンよくしゃべる、ザ・女の子って感じで好きです。物怖じしない感じも素敵です。

現状、的か味方かは不明ですが、どっちに転んでも個人的に応援していきたいと思いました。

伏黒とのやりとりも一瞬の緊張を解いてくれるようでありがたいです。

そして伏黒も本当に大人になりましたね。

自分の芯自体はぶれていないようですが、禅院家当主であり、姉にためにしかりと背負うものがたくさんあるからでしょうか。

最初は姫って感じでしたけど、今は青年って感じで頼りがいあります。

まだ高校1年生かと考えると自分のときと比べてしまいます。 

気になるのは、甘井と麗美がいっていることが違うのでどちらがかが敵なのかなんなのかと思うところですね、表情だけで見ると麗美の方がと思うけどそういう裏を描いてくるのが呪術廻戦ですからね。

 今後の展開が楽しみです。

週間少年ジャンプで連載中の「呪術廻戦」の次のお話は、2021年10月25日に発売される予定です。

呪術廻戦 ネタバレ 最新話 感想
最新情報をチェックしよう!