注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

呪術廻戦166話ネタバレ!死刑宣告の虎杖との最終決戦

2021年11月22日発売の「呪術廻戦」のネタバレ&感想をまとめてみました。

【前回のあらすじ】

言葉での戦いで有罪判決を受け、呪力を失ってしまった虎杖。

再度、再審するも今度は死刑宣告に!?

呪術廻戦165話ネタバレ!


【呪術廻戦】166話ネタバレ!死刑宣告の虎杖との最終決戦

日車の少し前の話。

日車が弁護士を目指しているとき。

吉沢という男に話しかける作成した書面を褒められ、日車は裁判官を勧められていたのでした。

戦闘シーンに戻り、有罪判決を受け、呪力を失ってしまった虎杖。

死刑はジャッジマンから科される最も重い罪です。

日車はその死刑宣告を聞いて、すぐさま必殺技処刑人の剣を発動。

木槌が鋭い剣に変わりました。

処刑人の剣は斬られた者は例外なく死に至るという恐ろしい剣です。

そして日車は過去のことを思い出しながら被害者の弱さや加害者の良さわさそれを毎日毎日観ることで人間の醜さに絶望してしまったのようです。

それは虎杖に対しても。

虎杖も含め人は皆弱くて脆いことを悟ります。

虎杖がどんなに高潔な魂を望んだとしてもその先には闇しかないというのでした。

灯りを灯したまま眩しい虚無が広がっているのいるといいます。

虎杖は大量にあった椅子を日車に向けて飛ばしていきます。

そのまま虎杖は椅子の死角をついて徐々に日車に近づいていきます。

日車は虎杖を探しますが、あまりの速さに見つかりません。

そして虎杖は日車の直ぐ側へ。

日車との接近戦になりました。

着ていた上着を日車に投げつけ、日車の視界を奪い、その好きに足元を狙いました。

また日車の過去に少し戻り、吉沢に裁判官を断ります。

出世には興味がないとはっきりいうのでした。

そしてまた戦闘シーンへ。

人は皆弱くて脆いことを何度も諭しつつもあのときまでは人の穢れを尊ぶべきものと思っていたといいます。

虎杖に何故罪を認めたかと聞きます。

日車はジャッジマンから提出された書類から虎杖が殺したのではなく宿儺が殺したことに気づいていました。

しかし、罪を認めた虎杖が疑問でした。

そんなことを考えている時に虎杖の拳はもう日車に突き刺さっていました。

ふっ飛ばされた日車。

日車は虎杖の無実を淡々と説明します。

渋谷事件のときに虎杖は宿儺に身体を乗っ取られていました。

制御能力がなかったとしてもそれは自発的ではないので虎杖は無罪だと告げます。

しかし、それも自分のせいだと虎杖は罪と向き合うのでした。

それを聞いて日車は初心に還り、虎杖に100点の点数を与えようとします。

そして日車は自分の意志で人を殺めたことはあるかと問うと、あると答える虎杖に過去の法廷で犯した罪を思い返すのでした。

最悪の気分であったということを伝えるのでした。

【次の話】呪術廻戦 167話はこちら!

呪術廻戦166話ネタバレ!死刑宣告の虎杖との最終決戦の感想

日車との裁判で有罪を受け呪力を奪われてしまいました。

その挙げ句、再審したのにも関わらずまさかの死刑宣告。

木槌が鋭い剣に変わってしまいました。

木槌だとちょっとダサかったので剣のがかっこいいですね。

ただそのかっこいい剣に少しでも斬られてしまうと死んでしまうということで虎杖逃げきゃと思いますが、虎杖真っ向勝負。

呪力こそないですが、そもそもの身体能力がずば抜けていますからね。

そして日車の過去が明かされましたね。

優秀であった日車は真面目に弁護士か検事を目指していたようです。

真面目すぎたのか加害者被害者に向き合いすぎたのか、徐々に日車はその人間の弱さに疲れ、ジャッジする側の忖度などにも疲れ、病んでしまったのでしょうね。

顔がもうだいぶ疲れた顔していましたからね。

日車もかつては非術師の世界で普通に暮らしていたのに。

心の闇から徐々に違和感が生まれてしまったのでしょうか。

そしてチラッと過去を描いてまた戦闘シーンへ戻りました。

虎杖は一旦距離をとって椅子を投げつけます。

ちょうど近くに大量に椅子があってよかったですね。

虎杖も考えましたね。

そこから死角をとって隠れるとは。

椅子が落ちていくまでなので虎杖はものすごいスピードで動いていることになります。

元々並外れた身体能力を持っているとはいえ、本当に虎杖はすごいですね、何者なのか早く知りたいところです。

まぁでも今は死滅回遊のみのお話になりそうですね。

虎杖も伏黒もなんとかして早く五条先生を助けてほしいです。

生きているのかな、何しているのかなファンたちは心配しているところでしょうね。

そして虎杖は死角を作って徐々に日車に近づき、その速さに日車を追いつけず渾身のパンチを食らってしまいました。

過去を考えながら人は脆いと思いつつ、罪から逃げようとしない虎杖に何かを思ったのか最後は術式を解除していました。

虎杖のような人間がいるんだと初心に還るきっかけになったのでしょうか。

日車が昔、法廷で人を殺めてしまった過去も明らかになりましたね。

人間の醜さや脆さにもう闇が爆発してしまったのでしょうか。

酷い話ですね。

虎杖は日車のことを殺すつもりはなかったようで、その後も倒れた日車を話していました。

そもそも点数をもらうことが目的でしたからね。

そして虎杖勝利!ということで来週は伏黒ターンでしょうかね。

なんかやたらきもい敵を対峙していたような。

今後の展開に期待です。

週間少年ジャンプで連載中の「呪術廻戦」の次のお話は、2021年11月29日に発売される予定です。

呪術廻戦 ネタバレ 最新話 感想
最新情報をチェックしよう!