注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

呪術廻戦165話ネタバレ!東京第一結界!虎杖の死刑宣告!?

2021年11月15日発売の「呪術廻戦」のネタバレ&感想をまとめてみました。

【前回のあらすじ】

言葉での戦いで有罪判決を受け、呪力を失ってしまった虎杖。

どう戦っていくのか!?

呪術廻戦164話ネタバレ!


【呪術廻戦】165話ネタバレ!東京第一結界!虎杖の死刑宣告!?

有罪判決を受け、呪力を失ってしまった虎杖。

日車とどう戦うのか。

その前に日車の自己紹介を改めて。

岩手県弁護士会所属・日車寛見、36歳。

大学も司法試験もあらゆる難関をストレートで通過した天才日車でしたが、もっとも日車の才能は光るのは呪術師としてでした。

呪力がなくなった虎杖に木槌を操り、虎杖を追い詰める。

日車は、領域が備わってからすぐに基礎も同時にす習得し、結界術から逆算して呪力操作による強化術の勘を掴み、術式開花から12日間で1級術師レベルまでの成長しました。

そしてコロニー侵入前に20人以上のプレイヤーを返り討ちにしています。

日車は虎杖が呪力が練れなくなっていることに今気づいたようです。

本来術式を持っているものならそれが奪われるが、虎杖は持っていなかったため、呪力が奪われたということになるそうです。

それと同時に木槌の攻撃をまともに受けても動じない虎杖に驚き、呪術師としてではなく、生来の肉体、生物としての強度が恐ろしく高いことを分析します。

術師は術式が使用できなくなるとそれに頼りすぎているものが多いのか、基礎的な呪力操作もグダグダになることが多いのか、長年の勘が鈍るようです。

それよりも不完全な状態でここまで戦えている事実があるようです。

初めての一撃がすでに相当なもので本来ならばそれで倒せていたといいいます。

虎杖に感心した日車は油断すれば負けると判断します。

虎杖のポテンシャルに日車も本気モードへ。

全力で潰す、と集中します。

そして日車がさっきに増してすごい勢いで木槌で攻撃を繰り出します。

虎杖は負けじと木槌を掴み、引っ張ろうとしますが木槌を一旦消されてしまいます。

すると、巨大化した木槌で虎杖を潰そうとします。

しかし、それに耐え踏ん張る虎杖。

地面はメキメキと破壊していきます。

虎杖は限界がキているようで非汗をかきながら必死に策を考えます。

ヤバイヤバイヤバイともうギリギリのようです。

そして、やり直し、二審ということに気づきました。

それにより、再度法廷が現れました。

ジャッジマンが現れます。

ジャッジマンは虎杖は2018年10月31日に渋谷で大量殺人したことを罪状をいいました。

すると虎杖は一瞬驚いた顔になり、すぐにその罪を認めます。

それによりジャッジマンの顔が代わり、有罪・没収・死刑と改めて有罪判決を突きつけられました。

ジャッジマンの力は絶対。

極刑宣告をさせて虎杖はどうするのでしょうか。

【次の話】呪術廻戦 166話はこちら!

呪術廻戦165話ネタバレ!東京第一結界!虎杖の死刑宣告!?の感想

日車との裁判で有罪を受け呪力を奪われてしまいました。

だいぶ不利な状態ですね。

日車は木槌を自由自在に操ることで攻撃するようです。

攻撃の際にジャッジマンは遣わないのですね、あくまでも判断する裁判官としてのポジションということでしょうか。

その有罪に対して呪力を奪うなんて最強ではないかと思いますが。

しかしそれは本来は術式を奪うのが有罪判決、没収の本来の目的らしいですね。

しかし、虎杖はまだ術式がないので呪力を奪われたということになりますね。

そこでわたしが今更ながら気づいたのがそういえば虎杖、まだ術式なかったのかと。

いやわかっていたはいたんですが、虎杖があまりに強いので忘れていたのと宿儺が使っているのでもうそういうもんだと思っていましたが、虎杖自体のものはないようです。

ということはひとつ楽しみが増えました。

虎杖の術式どんなものなのでしょうか。

ありもしない記憶というものが虎杖の周りで起きているのでそれが関係あるのかな、とか色々考察してしまいますね。

さて、話は戻り呪力がない虎杖はなんとか日車の木槌の攻撃を踏ん張っていましたね。

それに驚く日車。

呪力を込めた木槌で思いっきり殴っても耐える虎杖ですからね。

本来の身体能力も長けていましたが、肉体・身体の強度もすごいようですね。

まぁそれはきっと生まれに関係してくるのですが。

父母が以前チラッとでてきましたが、そちらの方がかなり気になるとことですね。

虎杖にはまだ謎も多いし、可能性もまだまだありそうです。

日車もその虎杖の力に感心し、ついに本気モードになってしまいました。

最初はちょっと若いし、バカっぽいから舐めていたのかもしれません。

そして大きな木槌で上から潰そうとします。

しかし、それでも耐える虎杖。

それでも限界が見えたようで、なんとか策を考え抜いて再審。

すぐさま前回同様の法廷がジャッジマンとともに出てきました。

そして言い渡された罪状は渋谷事件での大量殺人。

それはもちろん虎杖ではなく宿儺が行ったことですが、虎杖は少し驚いた表情をした後、自分だといいはりましたね。

すごく切ない。

虎杖もいつの間にかたくさんのものを抱えてしまいましたね。

もう無罪は主張することなく嘘をつくこともなく罪を受け入れてしまいました。

するとジャッジマンの顔が豹変。

有罪判決は没収に加え、死刑ということになってしまいました。

すでに1話で死刑宣告を受けていますが、まさかここで極刑宣告。

虎杖はこの絶対的判決を切り抜けることができるのでしょうか。

今後の展開に期待です。

週間少年ジャンプで連載中の「呪術廻戦」の次のお話は、2021年11月22日に発売される予定です。

呪術廻戦 ネタバレ 最新話 感想
最新情報をチェックしよう!