注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

羊の夢3話ネタバレ!少女が迷い込んだ羊の夢の正体とは…?【最終回】

2021年8月13日配信の「羊の夢」のネタバレ&感想をまとめました。

羊の夢の単行本最新刊を無料で読む方法を調査しました!

【前回のあらすじ】

初音が声をかけたせいで夫が亡くなったと思わずにはいられなかった母。

そんな思考に陥った自分を責めた母は、

翌朝手紙とお金を残し、家を去ってしまいます。

何とか一人で暮らていたある日、お隣のおばあちゃんから父の話を聞いた初音は

父が使っていたホルンを取り出し、思い出の河川敷で吹いてみることにしました。

しかし、お手入れのしていなかったホルンは綺麗には吹けず、不協和音を奏でます。

するとそこに通りかかった男子学生がホルンの手入れや吹き方を教えてくれました。

初音はそのお礼にと家へ招き、二人で鍋を囲みました。

そんな暖かい時間を過ごしたのもつかの間、

突如一本の電話が鳴り響き、母が倒れたとの知らせが届きます。

あまりに突然の知らせに初音は目の前が真っ暗になり、倒れてしまうのでした。

【前のお話】羊の夢ネタバレ2話はこちら!

【羊の夢最新話ネタバレ】3話「羊」

羊の夢に逃げ込んだ少女はひさを抱えて蹲ります。

そんな少女に、羊の夢にずっといると帰れなくなると諭す羊飼いの少年でしたが、

少女は自分を必要としている人はいないと、殻に閉じこもってしまいます。

じっと動くつもりのない少女に、少年は羊の夢にずっと居られるのは羊だけと、言います。

それを聞いた少女は、なぜ羊じゃない人のあなたがここにいるのかと疑問に思いました。

少女がそれを聞くと、少年は暗く微笑み、君をまだ羊にはしたくないから人の姿になって話しかけたことを明かします。

そしてもう一度君を必要としている人がいると説得しますが、

少女はそんな人いないと、再び目を閉じてしまいました。

そうしている間にも段々、少女の姿が羊に変わってきます。

一方、現実では初音にホルンを教えた男子学生・雨宮が

初音の部屋から荷物を取って出ていました。

するとお隣のおばあちゃんに親戚の方?と、話しかけられます。

雨宮があわてて初音の友達だと自己紹介すると、おばあちゃんは嬉しそうに

お母さんも元気?と問いかけます。

雨宮が二人は病院だと話すと、おばあちゃんは雨宮が持っていたホルンを見て、

初音たち家族がホルンを吹いて楽しそうにしていた時の事を語りました。

そしてまたみんなで帰ってくるのを楽しみに待っていると嬉しそうに話します。

しかし夢の中では、少女が完全に羊の姿に変わってしまいます。

その姿を見て、悲しそうに羊を抱きしめた少年でしたが、

そんな時、とある声が響きます。

その声はお母さん!と呼びかけていました。

それを聞いた少女は、涙を流しながら見る見るうちに羊から少女になり、母の姿に変わります。

そんな母に声をかけた少年もまた、父の姿に変わりました。

そして父は、初音が必要としているよというと、母の手にキスをし、

行っておいでと送り出したのでした。

母は父に必死に手を伸ばしますが、その時聞こえた初音の呼ぶ声の方に振り返ります。

そして父の方を一度振り返ると、そのまま初音の呼ぶ声の方へ向かいました。

それを見送った父は、羊飼いの少年の姿になった後、

最後には羊の姿になって、群れの中へと入っていくのでした。

そうして病室で目を覚ました母。

ゆっくり左を見ると、母の手を握って涙を流す初音の姿と

付き添っていた雨宮の姿が入ります。

初音の声が戻ったと呟いた母の声を聞いた初音は

病室で母のために練習した亡き王女のためのパヴァーヌを演奏します。

いきなり病室から聞こえた大きな音に、看護師は慌てて止めようとしますが、

雨宮が、お母さんに聞かせるために頑張ったんだと説得します。

そうして涙を流しながらも一生懸命吹いたホルンを聞いた母は

父が昔、亡き王女のためのパヴァーヌをいつか初音と吹きたいと笑顔で話していたことを思い出します。

母は涙を流しながらごめんねとありがとうを言い、初音に抱き着きながら帰ろうと話すのでした。

羊の夢の単行本最新刊を無料で読む方法を調査しました!

【羊の夢最新話ネタバレ】3話「羊」感想

子が親を想う気持ちと、親が子を想う気持ちの両方が見事に表現されていてとても素晴らしい作品でした。

タイトルにもなっている羊の夢ですが、今回そこに登場する少女は母で、羊飼いの少年は父だと判明しました。

背格好的に少女は初音だと思っていたので、最後の展開には驚きますね。

羊の夢ではカラーで、現実ではモノクロだったのもそういう伏線があったのかと納得です。

また、始めに少女に対して少年がここへ来るには大きすぎると話していましたが、最後でその意味が分かってスッキリしました。

そして、少年も父だったことから羊の夢の世界は死後の世界のようなものだったことが分かります。

母があの場所にいて、最終的には羊になりかけたのを見ると、相当危ない状態だったことが表されていますね。

そんな状態でも初音の声によって、意識を取り戻して本当に良かったと安堵するばかりです。

以上のようにこの作品を通して、互いに思いあう持ちもそれがすれ違う所も非常に共感できると思うので、多くの人に見て貰いたい作品です。

羊の夢 ネタバレ 最新話 感想
最新情報をチェックしよう!