注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

針子の乙女26話ネタバレ!ハーニァの悲惨な過去が判明!

めちゃコミックで連載中の「針子の乙女」26話のネタバレ&感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

ハーニァのドレスに、とても美しい刺繍が浮かび上がります。

周囲の人々は、何が起きたんだ?!と騒然としていました。

そして、ユイがものすごい力を持って加護縫いをした事を、その場で目撃したのです。

ユイは何者なんだ?!と、口々に彼らは言いました。

ハーニァは、ユイにお礼を言いました。

そしてユイが前王の婚約者であることを、”乙女”の名前から見抜きます。

乙女と呼ばれるのは、貴族が結婚を申し込む際に、相手につける称号なのです。

ハーニァは、手伝ってくれた精霊やアムナートにお礼をしたいなあ、とつぶやきました。

そこでユイが、加護縫いでなにか作り、それを精霊さんたちにプレゼントしたらどうでしょうか、と提案します。

その提案にハーニァは喜び、ユイは早速加護縫いで贈り物を作ります。

ユイが作ったのは、レースで編んだお花でした。

花弁の一枚一枚、まるで本物の花びらのように美しく、精巧に作られています。

ハーニァはお花を受け取って大喜びしました。

そしてユイにお礼を言い、精霊たちにお花をプレゼントします。

さらにハーニァは、アムナートにもお花を持っていくことにしました。

手に花を持ってアムナートの元へ向かうハーニァは、とても幸せそうに笑っています。

針子の乙女25話ネタバレ!

針子の乙女26話ネタバレ!ハーニァの悲惨な過去が判明!

ハーニァの明るい笑顔を見て、ユイも満足そうに微笑みます。

そしてユイは言いました。

彼女、ハーニァ様は、アムナート様とおしゃべりしている時はとっても可愛らしいんです。

きっと、一途にアムナート様を愛してらっしゃるんですね。

ハーニァの生まれは、技術を持った貴族でした。

辺境の地に生まれ育ったため、王族など高貴な存在とはかけ離れた生活を送っていました。

しかし6年前に、とあることをきっかけに、ハーニァはアムナートと出逢います。

当時、ハーニァの家は決していい方向へ向かっていませんでした。

やさしい母親は病気で亡くなり、父親はそのショックで心が空っぽになっていたのです。

ハーニァの兄弟がいえを盛り返そうと頑張りましたが、大人が彼ら兄弟を監禁して屋敷を支配してしまいました。

当時のハーニァといえば、監禁こそされなかったものの、兄弟と離されて、ひたすら孤独な時間を過ごしていました。

そんな時に、兄の友達だというアムナートが訪ねてきたのです。

アムナートは、兄弟たちを助けにきたと言いました。

そして有言実行をし、多くの兵士を連れてきて、ハーニァの兄弟たちを監禁から救い出したのです。

そして心ここに在らずといった父親にも喝を入れ、家族みんなで屋敷を持ち直していこう、とみんなで決めたのでした。

そうして、時折ハーニァの住む屋敷に、アムナート達がやってくるようになったのです。

【次のお話】針子の乙女ネタバレ27話はこちら!

針子の乙女26話ネタバレ!ハーニァの悲惨な過去が判明! 感想

ハーニァが素敵なひとと巡り合えてよかったです!!

針子の乙女 最新話 ネタバレ 感想
最新情報をチェックしよう!