注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

ゴールデンカムイ294話ネタバレ!静寂!VS鶴見の五稜郭戦争

2021年10月21日発売の「ゴールデンカムイ」のネタバレ&感想をまとめてみました。

ゴールデンカムイの単行本最新刊を無料で読む方法とは!



【前回のあらすじ】

五稜郭戦争の真っ只中。

杉元たちはそれぞれの配置につき、兵士たちと戦いを始めます。

そんなとき、二階堂が因縁である土方を発見し、狙いを定めて遠方から銃を撃ちます。

それに気づいた都丹が土方を庇うのでした。

ゴールデンカムイ293話ネタバレ!


【ゴールデンカムイ】294話ネタバレ!静寂!VS鶴見の五稜郭戦争

VS鶴見第七師団と戦いはまだまだ続いてします。

二階堂が往年の恨みのある土方を見つけ、狙いを定め土方に向けて銃を発砲します。

それに気づいた都丹が土方を庇い、銃撃を代わりに受けました。そして、右胸部分に大きな怪我を負いました。

打たれた都丹ですが、体制を整え、すぐに撃ってきた方向を読みとり、銃を打ち返します。

二階堂の頭にかすり、二階堂は手投げ弾を投げつけます。

土方たちは金塊を探すために掘った穴にとっさに隠れました。

土方は都丹が自分を庇ったことに驚いていましたが、都丹は何度も土方に助けてもらったことを思い出し、少しでも土方の寿命の足しになればと感謝と伝えるのでした。

そして、都丹は土方を先に進めさせます。

土方は何かを悟ったように都丹の方をぐっと掴み、そのまま都丹を置いて前へと進んでいくのでした。

一方、鶴見中尉たちはソフィアたちの仲間と戦っていました。

前へ前と容赦なく、目の前に立ち塞がる者たちを月島が手投げ弾を投げつけ、突き進んでいきます。

そして手投げ弾の破片がソフィアの仲間に当たり、負傷していきます。

月島を褒め称え、楽しそうに戦う鶴見中尉。

その姿を見たソフィアの仲間は、恐怖を覚えるのでした。

鶴見中尉たちはあっという間に東口を制圧。

そして次に習うは北口。

東口と南口でまだ戦える兵士50人を集めて、北口の制圧へと向かいます。

その間に鶴見中尉は鯉登と共に権利書を探します。その様子に違和感を覚える鯉登。

その頃、土方を活かせた都丹は橋を守ろうと、1人で兵士たちと戦っていました。銃声などの音が飛び交い、目が見えない都丹はうるさくてしかないようです。

土方もまた進んだ先で兵士と撃ち合い、杉元も斬り合っていました。

すると、突然都丹の音が止みました。真っ白なところにひとりポツンと座って、少し微笑みながら静かな世界を楽しんでるようです。

そう、都丹は死んだのでした。座ったまま、戦いの果に彼は天へ旅立ちました。

しかし、戦いは終わりません。

銃声が飛び交う中、杉元は銃で兵士を殴っています。相手にもやらても、やり返していきます。

そのとき、二階堂のキックが杉元の頭に命中。

復習の戦いが今、始まります。

【次のお話】 ゴールデンカムイ 第295話ネタバレ話はこちら!

ゴールデンカムイの単行本最新刊を無料で読む方法とは!


ゴールデンカムイ294話ネタバレ!静寂!VS鶴見の五稜郭戦争の感想

最終章にふさわしい大きな戦いはまだまだ続きます。

二階堂!!今回のこの戦いを荒らしてくれますね・・・。

土方を撃ち抜こうとして、都丹が助けました。

土方はどの時代でも慕われる大きな存在なのだと実感しました。でもまさか都丹が土方に感謝を述べるなんて。

そして都丹がもう長くないことを知って、土方はぐっと都丹の方を掴んだのだと思います。

ありがとうの意味なのかはわかりませんが。

土方は強く慕われるがためにこうして多くの仲間たちを見送ってきたのだと思うと切なくなりますね。

新選組時代のことはゴールデンカムイではあまり触れていないですが、ずっと偉大な存在です。

最後のこの戦いでも生き延びてほしいとは思いますが、どうなのでしょうかね。

そして都丹は、撃たれたあとでも懸命に戦っていました。

音だけでたどり、うるさかったはずの音が途端に消えました。

真っ白な世界に静かな世界を喜ぶ都丹。都丹が亡くなったといことを表していました。

少し微笑んでどこかを眺める姿はとても切なかったです。

本当によく戦ってくれました。

その後、現実になり、死んでいる都丹を誰も見る気もなく、ただただ戦いがずっと行われていいる戦争って何か意味があるのかなと思ってしまいました。

この世界の彼らは何百年後の訪れる戦争のない世界なんて知る由もないのですから、これが当たり前なのでしょうね。

鶴見中尉たちもどんどん進んできました。

戦争を楽しんでいるかのように見える、鶴見中尉の恐ろしさにソフィアの仲間たちは恐怖を覚えていましたね。

国のためといいながらも、私利私欲のために突き進む鶴見中尉。

鯉登は違和感を感じ始めているようにも見えますが、どうなのでしょうね。月島はもう信じきっていますからね。

兵士の人数もうそうですが、鶴見中尉たち自体が圧倒的な強さですからね、仲間割れぐらいしてくれないとこちらの勝ち目はなさそうですね。

まだまだ続く戦い。

今後の展開が楽しみです。

週間ヤングジャンプで連載中の「ゴールデンカムイ」の次のお話は、2021年10月28日に発売される予定です。

ゴールデンカムイ ネタバレ 最新話 感想
最新情報をチェックしよう!