注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

ゴールデンカムイ298話ネタバレ!ウイルクの娘

2021年11月25日発売の「ゴールデンカムイ」のネタバレ&感想をまとめてみました。

【前回のあらすじ】

戦闘も真っ只中の中、白石を囮にアシリパは逃げますか、鶴見中尉に発見されてしまいます。

そして永倉も鯉登と真っ向勝負することに。

ゴールデンカムイ297話ネタバレ!


【ゴールデンカムイ】298話ネタバレ!ウイルクの娘


白石の袋の中を追いかけてきた鯉登少佐。

そこに助太刀にきた永倉新八。

2人の真っ向勝負です。

鯉登少佐はものすごい形相で永倉に斬りかかります。

その勢いに転がっていく永倉。

そして白石はなんとか無事でまだまだ追いかけてくる兵士たちに恐れおののいていました。

一方、アシリパは鶴見中尉に見つかってしまいました。

その瞬間、すごい速さでダッシュし、逃げますか、鶴見中尉も走って追ってきます。

一旦五稜郭の中へ入っていくアシリパ。

すると突然転んでしまいます。

振り返ると負傷した兵士が足止めしようとアシリパの足を掴んでいたのでした。

追ってくる鶴見中尉。

もう無理かと思った瞬間、杉元が馬に乗って助けにきました。

馬からアシリパの名前を呼びながら手を伸ばします。

そして白石の方に行こうとしますが、兵士がきていると断念。

それを受けて杉元は東口に行くことにしました。

しかし、東口もだめだと北口からを白石は馬を走らせながらいいます。

北口も兵士が多いはずではあるが、大事なのは脱出したあとのこと。

北口の橋の向こうは兵士が少ないはずです。

そして橋の上では転がった永倉が下からものすごい形相で立ち向かっていました。

気合が全然到底及ばないとまだまだ現役のようです。

すごい勢いで迫ってくる永倉に押されて橋の手すりにぶつかり、その反動で白石が持っていた白い袋が水の中に落ちそうになります。

それを見て飛び込む鯉登少佐。

そしてなんとか白い袋が落ちるのを刀で寸前で間に合うもその中身をロープ。

それを確認してそのまま鯉登少佐は水の中へ。

そして北口についた杉元たち。

そこではソフィアが兵士と戦っていました。

銃声が響き渡る中、ソフィアも馬に乗れと促します。

しかし、ソフィアはそれを拒否。

自分がここを止めると言い張ります。

そしてソフィアはアシリパに未来は自分で選んでと叫びます。

それを受けてアシリパは驚きます。

すると、ソフィアの銃の先に鶴見中尉が現れました。

鶴見中尉の若い頃を思い出し、一瞬恐怖を感じてしまったソフィア。

その瞬間、鶴見中尉に撃たれてしまいました。

それを見ていたアシリパは衝撃が走ります。

動揺からかアシリパは馬から落ちてしまいます。

杉元が叫ぶ中、水の中に落ちそうになります。

そのとき、谷垣が現れアシリパを助けました。

【次のお話】ゴールデンカムイ299話はこちら!


【ゴールデンカムイ】298話ネタバレ!ウイルクの娘の感想


五稜郭の戦いも大詰め。

いろんなところで主要人物たちの戦いが始まりましたね。

まずは永倉と鯉登少佐。

若いながらも真っ直ぐさをもつ鯉登少佐は剣も強いですね。

永倉相手に怯まず真っ向から勝負。

その勢いに転び、転び回る永倉。

おっと思いましたがもちろんそんなことで負けるはずがないですよね。

新選組の永倉なのですから。

小さい身体を活かして下から跳んで勢いと速さが増しています。

一方、アシリパは鶴見中尉に見つかってしまって絶体絶命。

走り逃げ出すアシリパですが、兵士に足をとられ転んでしまいます。

本当にやばいと焦るアシリパですが、そこに助けに入る杉元。

ヒーローのようですね、さすが主人公です。

純粋にかっこいい!

馬から手がアシリパに届くように手を伸ばしています。

なんとか助けられたアシリパですが、鶴見中尉はめげずに追ってきます。

逃げようと東口に行こうとしますが、白石がだめだと言います。

いつもおちゃらけていますが、白石は頭がキレますからね。

北口という白石ですがソフィアがものすごい戦っていたような気がしましたが。

白石はそれを分かった上でその脱出したあとのことを考えていたんですね。

意外とやるやつと褒めたくなりましたね。

そして北口に向かうとなんとそこには最前線で戦うソフィア。

前回仲間たちに守られた証の血が身体中にまみれていました。

銃声が鳴り響く中、杉元たちがソフィアも一緒にといいますが、拒否しましたね。

もうその眼差しは曲げることのなき真っ直ぐな目でした。

もう仲間たちが多く戦い、亡くなっている中、自分だけ逃げることはできませんよね。

しかし、それだけではないでしょう。

鶴見中尉と戦わないといけないと気持ちも垣間見えました。

ソフィアはアシリパを見ると、ウイルクの愛する娘といいつつも、自分の道は自分でと素晴らしい言葉捧げます。

最前線で戦う同じ女子の先輩の言葉は重みが違いますね。

そしてそれを言い残して鶴見中尉に撃たれてしまいました。

瞬間ソフィアが止まったのは過去のことが色々あったからでしょう。

鶴見中尉は何かを叫んでいましたね。

そしてその動揺で落ちてしまったアシリパ。

もう無理かと思った時助けにきたのは谷垣。

随分がっしりしていました。

かっこいいですよね。
最終章にふさわしい大きな戦いはまだまだ続きます。

今後の展開に期待です。

週間ヤングジャンプで連載中の「ゴールデンカムイ」の次のお話は、2021年12月2日に発売される予定です。

ゴールデンカムイ ネタバレ 最新話 感想
最新情報をチェックしよう!