注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

ゴールデンカムイ296話ネタバレ!武士道!土方歳三の想い

2021年11月11日発売の「ゴールデンカムイ」のネタバレ&感想をまとめてみました。

【前回のあらすじ】

仲間を死に、敵も死んでいく中、杉元の豪快な戦いっぷりでついに二階堂を倒しました。

そしてまだまだ終わらない五稜郭での戦い。

ゴールデンカムイ295話ネタバレ!


【ゴールデンカムイ】296話ネタバレ!武士道!土方歳三の想い


今回は土方の過去。

刑務所の中でのお話から始まります。

アシリパの父であるウイルクは受刑者ひとりひとりに場所の暗号を掘っていました。

土方はもうウイルクに自分だけに金塊の隠し場所を教えろといいますが、ウイルクは土方が土方だという確証がないといいます。

それに対し、土方もウイルクの青い目を見てアイヌの人物かと疑問を投げかけます。

続けて土方はウイルクが青い目からポーランド人と推測し、アイヌから金塊を奪いポーランド系として帝国ロシアと戦うつもりと推測します。

共通認識としてウイスクはロシアの南下を食い止めるため、北海道を多民族国家として独立国にしたいのだと問い詰めるのでした。

ウイルクはまだ疑っているようで土方がアイヌのために動いてくれる確信が持てないようです。

それを聞いて土方は愛する家族や故郷、日本という国土をどう守っていくのかと武士道を語り、昔助けてもらったアイヌのキムシプという男の名を出します。

少し信頼したのかコチョウベアスコという娘に会えとウイルクは伝えます。

それこそアシリパのことだったのです。

そして五稜郭の戦いの現在へと戻りました。

剣を巧みに操り、兵士を斬っていきます。

その後、射撃してきた兵士には銃を撃ち返し、背後の兵士も射撃。

その後また剣で兵士を倒しました。

銃と剣の二刀流を使いこなす土方は最強です。

そのとき背後から土方が銃で殴られ、一瞬倒れそうになりましが、そのとき杉元が登場。

土方は倒そうとした兵士の首をぶち抜きました。

そして土方と杉元は背中合わせで兵士たちを次々に撃っていきます。

他でも戦いは真っ最中のようです。

銃声が鳴り響きます。

杉元は厳しい状況と伝えると、土方は鶴見中尉を探し倒せを命令します。

そんな話している好きに兵士が撃ってきましたが、杉元は返り討ちにしました。

一方、白石とアシリパ。

戦いから少し離れ、隠れていた2人。

屋根の上から五稜郭全体を確認します。

そして南口も東口も陥落して、侵入した兵士が北口を襲っていることを書くんします。

とても不利な状況で北口がやられた場合、全勢力が自分たちに襲いかかると確信しています。

焦る2人でしたが、なにかを決意した様子。

そして白石は権利書のために守るために逃げようと決心するのでした。

【次のお話】ゴールデンカムイ297話はこちら!


【ゴールデンカムイ】296話ネタバレ!武士道!土方歳三の想いの感想 



最終章にふさわしい大きな戦いはまだまだ続きます。

そして今回は刑務所の中の過去編から始まりました。

ウイルクが受刑者全員に入れ墨をいれているシーン。

相変わらずウイスクの見た目は怖すぎました。

目だけ青いところも怖いですね。

そして、ウイスクは土方にしかできないことがあるといっていましたが、土方が土方であるか確信ができなかったようです。

土方しかできないというものが昔、五稜郭で戦った経験があって金塊の場所が分かったわけですから。

しかし、この時代証明書なんてないですからね。

誰も土方を土方だと証明するものはないわけで、しかも年老いた土方を知る者はおらず、本人がいうだけでは信頼できないかも知れません。

ウイルクは慎重で頭がいい人間ですからね。

そしてキムシプという人物の名を聞いて、ついにやや心を開いたのかついにアシリパのことを教えてくれました。

アシリパの本当の名前、コチョウベアスコということを教えてくれました。

それにしても土方はウイルクの考えをすでに読んでしました。

ロシアの南下を食い止めるため、北海道を多民族国家として独立国をするというウイルクの目的を読んでいましたね。

目の色が青いということから推測していました。

さすが歴史に名を刻んている男は違いますね。

この作品のもうひとりの主役といっては過言ではないでしょう。

そして五稜郭での戦闘シーンへ戻ります。

おじいさんとは思えないほどの強さです。

まずは剣を巧みに操りもやや美しい検裁きでした。

兵士たちを斬っていきました。

そして銃できたものには同じ仕打ちで銃を撃ち返していく。

前も後ろも素早い速さでした。

またすぐに剣に持ち替えたと思いきや今度は二刀流。

本当にかっこいいおじいさんです。

しかし、後ろを取られたときにやってきたのは主人公・杉元。

やっときたって感じでした。

そして背中合わせで戦う辺りがもう鳥肌もんでしたね。

杉元は豪快な戦いっぷりですが、土方の戦い方美しいが似合っていると思います。

一方、アシリパと白石は2人で隠れていたようですが、皆が狙っている権利書を持っていますからね。

最も危ないですが2人で逃げようとしています。

なんとか逃げ切ることができるのでしょうか。

そして五稜郭戦闘!完全不利なこの状況からどうのように戦っていくいくのか、どう戦争を生き抜けるのかすごいドキドキの展開になりそうです。

まだまだ続く戦い!今後の展開に期待です。

週間ヤングジャンプで連載中の「ゴールデンカムイ」の次のお話は、2021年11月18日に発売される予定です。

ゴールデンカムイ ネタバレ 最新話 感想
最新情報をチェックしよう!